2月8日、テレビ朝日のニュースで、こんな物騒な国立大学のニュースが。

東京・目黒区の東京工業大学の職員宿舎で、白骨化した遺体が見つかりました。現在、この宿舎は使われておらず、警視庁は事件と事故の両面で調べています。

 8日午前11時半すぎ、目黒区大岡山の東京工業大学の敷地内にある職員宿舎で「白骨化した遺体がある」と大学関係者から110番通報がありました。

 警視庁によりますと、白骨化した遺体は宿舎の外階段の踊り場部分で衣類のようなものを身に着けた状態で見つかりました。

 この宿舎は現在は使われていないということで、警視庁は身元の特定を急ぐとともに、事件と事故の両面で調べています。

これって、どういうことなの? 失踪したと思われた元大学職員だったとか、ひっそりと人体実験が行われていたとか、なんとなく理工系の大学あるあるだったらどうしようって感じだけど、一番ありうる線は、大学って、浮浪者のたまり場になりやすいから、そのまま住みついていたホームレスがある日そのまま亡くなって、そのまま白骨化してしまったっていうところが、一番考えられるかもしれませんね。それにしても、白骨化する過程で腐敗臭が凄かったとおもうんだけど、近所からの苦情は無かったんでしょうか?