国立大学職員の趣味日記

自分のヲタクな趣味の紹介がメインですが、現役の国立大学事務職員のみなさんや、これから新たに国立大学職員採用試験の受験を目指す諸君にも役立つかもしれない情報がたま~に紛れ込んでいます。定期的に訪問して探して見るのも面白いかもしれません。

B級グルメ

湘南名物 しらす焼きそば

1これが、湘南名物の「しやす焼きそば」
なんで、テイクアウト用のプラスチックトレイに入っているかというと、今日、茅ヶ崎の湘南祭の出店で買ったからです。

一見してわかるように、普通よく見るソース色の濃い焼きそばと違って、ソースはあっさり目、塩味風になっている。
というのも、トッピングが名前の由来の「しらす」が入っていて、この潮風味を生かしたいということなのだろう。キャベツもざっくりと大きめに切ってあって、沢山入っているし、ネギも九条ネギのような小ささだ。そして、焼きそばには似つかわしく無いようなカイワレ大根が、シラスの生臭さを消すのに役だっているらしい。これだけ入って1つ400円はリーズナブルな値段だと思う。820食用意したというが、私が買った後、30分くらいしたら、売り切れてしまった。
ところで、お店で食べるとしたら、どこでやっているのか聞くのを忘れてしまった。。。。

2こんな感じでしらすが大量に獲れる相模湾に面している茅ヶ崎ならではの名物、しらす焼きそばはこうして売られていたのだ。





















3「お客さん、しらす焼きそばには、冷たいビールが良く合いますよ!」

















4「毎度ありがとうございま~す」


・・・焼きそばは400円だけど、オプションのビール350円の合計750円で稼いでいるらしい。。。
それにしても、しらす焼きそばには、ビールが良く合うんだよな・・・・不思議とこれが、ベストマッチ! 

750円あれば、普通の定食が食べられるがな・・・ 

かつやで海鮮カツ丼を注文したら、予期せぬモノが入ってきた

kaisenかつ丼
上にあるのが、先日まで激安かつ丼で有名な「かつや」が期間限定で販売していた、「カキ」「海老」「イカ」の3種の揚げ縦海の幸が入っている「海鮮カツ丼」税込619円であるが、まあ、100円割引券って、1年中配布されているので、実質は519円で食べられる。
そこで、健康診断も近いし、肉ばかり食べるのは体に毒かいな・・・というわけで、ヘルシーな海鮮に目を付けたわけである。
そして、注文して5分ほどで、商品が運ばれてきた。
早速「カキ」を食べてみた。少々小ぶりなカキなのは、こういう激安店だから仕方ないけど、味はさすがにうまい。
それでは、「イカ」はどうかと思って食べてみると、これまた、いままで「かつや」で食べたことの無いうまさが伝わってきた・・・まるで肉のようだ・・・・・・・・って、これ肉じゃないのか????っていうのが食べかけの下の写真だ。
securedownload
まずは、左のどんぶりに注目して欲しい。海老は大好きなので、いつも最後に食べるのだが、どんぶりの下のほうに見える食べかけに注目して欲しい。「イカ」かと思って食べたそれは、どうもイカの食感でないし、色も違う。では何か? これは、もしかして「ヒレカツ?」ピンポーンであった。貧乏な私は、実は「かつや」で「ヒレカツ」を注文したことが無い。だからすぐにかつやでは高級な部類の肉の「ヒレカツ」に気付かなかった。でも、私は「イカ」が食べたいのだ。
そこで店員を呼んだ。
私「これは何だ?」
店員「ヒレカツですね」
私「ヒレカツ・・・って、これは海鮮丼だろう?、なんで海鮮丼にヒレカツなんだよ?」
店員「あ、確かに変ですね。じゃあ、これは回収して全部作り直しま~す!」
私「おいおい、まってくれ、健康診断も近いんだし、そんなに食えないよ」
店員「じゃあ、イカをお持ちしますか?」
私「そうしてくれ」
・・・・というわけで、写真の右に来たのが、正真正銘「イカ」のフライだ。
結局、「ヒレカツ」入りの海鮮丼とイカフライを食べてしまったので、カロリーオーバーで、健康診断は引っ掛かってしまったのだが、かつやの「ヒレカツ」があんなに旨いとは思わなかった・・・・。

それにしても、「ヒレカツ」と「イカフライ」は似ていたのかな? まあ、期間限定のフェアじゃなければ、「イカフライ」は通常無いわけだから、間違えるのも仕方あるまい。
今度は、かつやで「カツ丼」より高い「ヒレカツ丼」に挑戦してみようっと!

くら寿司がなんだか大変なことになっていた・・・

くら寿司1ほとんどすべての皿が一皿が105円で食べられるので有名な回転寿司屋「無添くら寿司」へ久々に行ってみて、びっくりした。

な、なんと、皿が全部すっぽりとプラスチックのドームにくるまれていて、一見、どうやって食べるのさ、と思うような光景。

ちなみに、隣のオバサンは、まるごと取ってテーブルの上に並べていたら、店員さんが飛んできて、「皿だけとって、容器はそのままにしてください」とのこと。

これに呼応して、オバサンがブチギレ!
「こんなの、どうやってとればいいのかわからないでしょ!、アタシの孫も取れないわよ。どうしてくれんの!」
うーん、うるさいオバサンとおもいつつも、私も取り方がわからない。
これ、オバサン、あなたは正しいよ。容器ごと取れば間違いないけど、このブラスチックドームで覆われた寿司の皿を取り出すのは、ミスターマリックでなければ不可能かもしれない。

なんて、悩んでいたら、店員さんが、「ここの取り方が書いてあるだろう」って感じで指さしてくれた。
たしかに、上の方の気づかないところに書いてあった。
なんと皿の端を持ってちょっと上に上げると、自然にパカッてフタが上がるのだ。
くら寿司2
なるほど、これを考えた人は、回転するうちに寿司ネタが乾くのをなんとか阻止しようと必死だったと思うんだけど、今までのように、皿を取るとレーンが開く、そこへ新しい皿を追加するって方式ではなく、この空容器には、何が収まるかあらかじめ決まっているので、 ネタが収まるまでは、この開いた状態でいつまでも周り続けるのだ。

つまり、注文しないと、ほとんどネタが廻ってこない。
だったら、こんな乾燥予防なんか考えなくても、注文中心にすればいいんじゃないの? って思う。

おそらく不評ですぐに無くなると思うが、この容器、以外とお金がかかっていそうなので、しばらくはこの間抜けな光景が見られることでしょう・・・(笑

秋カツ定食 (かつや)

まつたけ秋の味覚はなんといっても松茸って、ことで、なんと、松茸をカツにしてしまったのが、かつやの「秋カツ定食」である。
松茸の他に、秋なすと海老のフライが盛り合わせてある。
秋なすはいいが、何故海老が秋の味覚なのだ・・・。
というのは、海老が大好きな私からしてみてば、まあ、どうでもいいが、まあ、松茸がこのファーストフードチェーンで食べられるというのは、どう見ても中国産だろうからあんまり期待していなかったが、しっかりとまつたけの風味が出ていたのにはびっくり。
っていうか、貧乏人の私にとって、高い国産の松茸がどういう味なのか知らないというのもあるのだろうが、美味しくいただけた・・・。
でも、かつやだからって、松茸までカツにする必要はないと思う。
松茸はやっぱり天ぷらでしょ、普通は・・・。

角切りステーキ定食140g (松屋)

角切りステーキ定食ステーキといえば、ペッパーランチが有名だったが、例の事件の後、どんどん店舗を減らしているような感じで、最近はあまり見かけなくなってきてしまった。
そんな感じで安いステーキに飢えている今日この頃、あの「牛めし」の松屋から角切りステーキ定食が新メニューということで、早速行ってきた。このステーキには140gで690円の定食とWの280gで990円の2種類ある。
貧乏な私は、当然140gを選んだ、っていうか、松屋で690円というのは相当な高額メニューである。
そして出てきたのが、写真である。ちなみに、サービス期間中であったので、ライスは大盛りと特盛りが無料で、増量できるので、迷わず「特盛り」を頼んだのだが、本当にこれが特盛りなのっていう写真だ。まあ、誤解の無いように言うと、どんぶりも特盛り仕様で通常より大きいのを使用している。
そして、松屋お得意のキャベツの千切りにコーンを乗せた野菜がてんこ盛り付け合わせで出てくるのがいい。そして、定食でなくとも基本的に松屋はみそ汁がつく。カレーでも付く。カレーにみそ汁が合うのかは別問題だが、とにかくみそ汁が付く。

さて、牛めしの松屋、使用している肉は、穀物で育てた牛脂が少な目のオーストラリア産ということなのだが、これがくせ者だった。

一見ジューシーなこの厚切りステーキ、か、か、か、噛み切れない。差し歯が取れそう・・・。うううぅぅぅ・・・。

焼き加減はミディアムでいいのだが、なんというか噛み切れないどころか、ゴムのように跳ね返ってしまう。

なんとか咀嚼を繰り返し、なんとか飲み込んだが、悪戦苦闘はしたが、どうしても2切れが、戦闘むなしく私が敗北した。

思えば、ペッパーランチのようなやわらか仕上げのサイコロ肉、あれは柔らかかった。そりゃそうだ、あれは成形肉だったのだから。

でも、松屋は違う。成形肉で無いことは確かなので、良く噛んで肉の味を長く堪能したい人、歯力に自信のある人は挑戦してみるのもいいかもしれない。

なお、ステーキを運んでくれた店員さんが、もの凄い美人さんだったので、こんな思いをしても爽やかに帰宅出来たのは良かった。どの場所にある松屋なのか、また店舗によって柔らかさにばらつきはあると思うので、是非自身の歯で確かめて欲しい。

祝! 国立大学職員の趣味日記が開設1周年!!

いやはや、日記なんて3日坊主で終わっていた私が、よくもまあ1年も続いたものだ。
これも、日記とはいえ、世界中から誰とも知れない人から見られているという緊張感からか、続けねばならなかったというところが、本当のところだろう。
最初は軽い気持ちで、趣味の単なる備忘録として始めたはずなのだが、1年経った今、当初の目的と少し違う方向性になってきているようなのだが、どうなんだろうか?
今一度、最初の日記に戻ってみよう。


ブログ開設しました 2009年09月11日 23:56

はじめまして。
都内の某国立大学の事務職員して勤務してます。
とはいえ、ここは、あまり仕事の話は出てこないと思います。
自分の趣味を思い切りできる職業は何か?を考えたら、いつの間にか国立大学職員になってました。(笑
やっぱり、廻りに若い学生が多いってのはいいですね。自分も大学を卒業してから何十年も経つのに、まだまだ大学生気分って感じ。

というわけで、このブログでは、主に以下のジャンルで進んでいくと思う。基本的に運動音痴なので、スポーツ関係の話題は少ないと思います。それぞれ関連性はあまり無いので、興味のあるのだけ見てね。

・F1
・ゲーム
・納豆
・500mlペットボトル飲料
・カップ麺
・マンション
・チョコレート
・ヨーグルト
・塩だけの梅干し
・モバイル機器
・メイドコスプレ
・電車
・UFO
・ポテチ
・銀行

などなど

ううむ、こんな宣言をしていたのか・・・。
現状はどうだったか1つずつ検証してみよう。
・F1
F1のフリー走行からの順位と決勝結果の報告がメイン。フリーは日本人関係しか乗せないという完全な手抜き。オフシーズンには話題がほとんど無くなる。
・ゲーム
最初のうちはよく出ていたが、2010年になってから、ゲームをしなくなったこともあり、ラブプラス以外はほとんど登場しなくなった。
・納豆
登場頻度は多くはないが、あちこちのスーパーから珍しい納豆を見つけてはレポートしている。細々とはしているが、続いている。
・500mlペットボトル飲料
最近は、メイン企画となっている。このブログの主力といってもよいジャンル。こんなに飲んで私の体は大丈夫なのだろうか?
・カップ麺
  これも開設当初から、根強く続いている主力ジャンル。週に3~4食は食べているの  で、体を壊さないか心配。しかし、このジャンルのブログは数多く、私のコメントは  最低限の感想しか言っていない。
・マンション
過去に2~3例しか無かったと思う。給与が毎年下がる中、購入意欲は減退し、ますます縁遠くなっている。
・チョコレート
  チョコは、時々登場しているが、あまり新製品にこだわらないせいか、毎日チョコは
欠かさず食べているというのに、記事になることはあまりない。
・ヨーグルト
グルトは何故か新製品があまり多いジャンルではない。そんなわけで、登場頻度がどうしても少なくなる。
・塩だけの梅干し
これ、1回もやっていないが、塩だけで漬けた梅干しは毎日食べている。かなり特殊な分野になるので、生産者やお店に迷惑をかけないよう今まで記事にしていない。
・モバイル機器
秋葉原やガジェットが好きな私としては、記事にほとんどしていないのは、不思議というより、競合のブログがマニアック過ぎてついていけないから。ソニーのバイオぐらいしか過去に記事になっていない。
・メイドコスプレ
これは好きなんだけどねぇ。残念ながら、ブログに掲載許可される写真なんて、ほんとにわずか。個人的に楽しむしかない。でもって、時計は付けてみました(笑)
・電車
まあ、そんなに鉄ヲタというわけでもないので、新駅が出来た時とか特集くらい。
・UFO
このブログを始めてから、宇宙人が監視しているのかも知れないが、昔良く見かけたUFOが私の前に何故か現れなくなってしまった。カメラはいつも持ち歩いて、UFO写真を載せる準備はいつでも出来ているんだけどねぇ~。
・ポテチ
これもほとんど毎週食べてます。あれ、記事にあんまりなっていないのは何故なんだろう??
・銀行
銀行巡りとか金融情報は好きなジャンルなんだけどねぇ~。これも記事にしたことないね~。初の日本振興銀行のペイオフなんていう、初の事態も起きたというのにねぇ~、不思議だ。
・仕事の話は少ない
これがどういうわけか、このブログが始まってすぐに事業仕分けとかあって、政治系のニュースとか、国立大学の予算に関することとかまでを何故か扱うようになり、趣味日記なのに、意外にも大学関連の専門分野を扱う真面目なよそのサイトにリンクされていたりしてびっくりしたこともあります。
というわけで、この「国立大学職員の趣味日記」はかなり特殊なブログということがおわかりになったと思います。それで、みんなが疑問に感じていそうなことを1周年記念として、Q&A方式でまとめてみました。

Q1.このブログのジャンルは広すぎる。別ブログに分けたらどう?
A1.私の趣味をとにかく紹介するのが目的。特に分割は考えていない。
Q2.メイドの記事の次に事業仕分けとか、真面目と不真面目が同居していて見ずらい。
A2.気分転換にはよいのでは。萌えとミニスカは、このブログの活性剤です。
Q3.せめてカテゴリ分けしたらどうか
A3.最初、やり方がわからなかった。途中でわかった時にはもう面倒くさくなってやる気無くした。見出しタグを打ってあるので、それで許して。
Q4.このブログのポリシーは。
A4.そんなもん、ありません。
Q5.国立大学職員なのに、ブログに広告掲載していいのか。
A5.これ、無料ブログなので、ライブドアの場合は楽天とかの広告も、無報酬タイプになります。あまりにも殺風景なので、広告を載っけてみたら、なんとなく見栄えがいいので、報酬がなくとも気に入ってます。
Q6.職位はどの位なの? もしかして偉い人?
A6.趣味に生きる道を選びましたから、役職なしのヒラ職員です。
Q7.ブログのことは良くわからないけど、ここはアクセス数が多い方?
A7.正直に言って、少ない方になります。原因は分かっていて、多ジャンルすぎて専門ブログになれないため、ほとんどの人が敬遠して寄りつかないからだそうです。
過去をさかのぼれば、開設間もない2009年11月25日に684人を記録してから、減少の一途をたどり、1年経った今も、この記録は更新されていません。
Q8.更新ペースがわからないのですが。
A8.全くの不定期です。気合いが入れば、1日15記事もアップするし、仕事が忙しい時期は1ヶ月位放置しました。ノルマにとらわれず、私が更新したいときに更新します。
Q9.9月11日って、アメリカで同時多発テロのあった日だけど、何故この日にブログを開設したのですか。
A9.単なる偶然です。
Q10.最後に、このブログはいつまで続くのでしょうか。
A10.大学職員である限り続けるつもりですが、突然飽きるかもしれません。その時は急に更新が止まって放置され数ヶ月後には、消去されると思います。

ネットで中傷書き込みは・・・・

名誉毀損罪が成立するという最高裁の決定で、いよいよブログは、真実に基づく調査をしたうえでの書き込みが重要になる。
このブログの一ジャンルのB級グルメレポートも商品の中傷にならないように気をつけなくてはならない。でも、「おいしくない」食べ物を「おいしい」と言ったら、それは真実では無いわけだが、個人の私感に基づく情報は考慮されないらしい。「表現の自由」というのはもう認められないのだろうか。

先行販売 ハワイアンバーガー (日本マクドナルド)

MacdonaldoPA0_0047今日から、ビックアメリカのハンバーガー4種が限定販売。中央林間店では、「ハワイアンバーガー」が売っていたけど、セットメニューが740円もする!
本来なら食べて感想を書きたいところだったが、残念ながら、国立大学職員にはとても手の届かない豪華なハンバーガーだった。
3月には、本格的に販売になるようなので、その時まで待つとしよう。

夜鳴き屋 東京そば (エースコック)

tokyo_soba今日は、大晦日ってことで、私も例外なく、年越しそばのつもりで、カップ麺のそばで今年を締めくくってみることにしましょう。

ところが、カップ麺のあなどるなかれ、小海老天入りの本製品、そばは、結構そば粉の比率が高いらしく、そばの味がしっかししている。

それだけじゃない。つゆが、鰹、鯖、宗田節のだしにこいくち醤油を併せてあり、これが、このそばにものすごくマッチしていて、とにかくうまい。カップ麺のつゆで、これだけの味を醸し出すとは恐れ入った次第である。

ただ、「東京そば」とあるとおり、つゆは真っ黒だ。関西の人には耐えられないに違いない。

というわけで、

受験生の皆さんは、すぐにセンター試験です。インフルエンザには注意してください。
国立大学事務職員を目指す皆さんは、出願まであと3ヶ月です。がんばってください。
4月採用の人、国立大学職員は年末年始は短いから、最後の長い正月を満喫してください。
同業者の人、いよいよ年度末です。第1期中期目標の最終年度で、さらに大変ですが頑張りましょう。
私立大学・公立大学職員の人、思いは同じです。
ライブドアサラリーマンカテゴリの人、民間には負けませんよ。
B級グルメファンの人、メタボにまけず、レビュー続けますよ。
F1ファンの人、一緒に小林可夢偉を応援しましょう。
ゲームファンの人、ごめんなさい。あんまりゲームする時間がなく、レビューが少なくなりました。
ミニスカメイドファンの人、来年もTGS行きまーす。紅白歌合戦の水樹奈々ちゃん萌え。

その他の通りすがりのみなさんも含め、今年3ヶ月間、私のブログにおつきあいいただきありがとうございました。

来年は良い年になりますように。

海鮮王カップ (韓国製:輸入業者 サングリーン)

kaisenou_cupOKストアーで、100円ほどで売っていたので、本場韓国製の辛さはいかがな物か、食してみた。
いやあ、これがなかなか本格的なスープになっていて、エビのパウダーが入っているのだが、これが見事に海鮮の味の風味を引き立てている。スープに甲殻が浮き出す位、たっぷり使っているようだ。辛さは先日のタイのラーメンに比べれば、こっちは穏やかな辛さ。ほかにもイカなども入っていて、具も豪華。
ただし、成形卵のような物も入っているのだが、日本の物と比べるとなんだか食感も形も変だった。
ともあれ、値段を考えたら、同じ具材で、日本のメーカーがこの味を出すのは難しいだろう。

いわて醤油ラーメン (いわて醤油)

iwateshoyuOKストアーで、各68円で売っていたので、あまり聞いたことの無い会社の製品だったけど、岩手の醤油という品名に惹かれて、「醤油」「しお」「豚骨」の3つの味を買ってみた。だって、東北の醤油の味って好きなんだもん。

でもって、並べてみてびっくりした。一瞬全部「醤油」味を買ってしまったのかと思ったくらい、容器の横にはすべて「いわて醤油ラーメン」の文字が。これは、味の区別ではなかったんだね。
上から容器を見れば、全然違うことに気づきますが・・・。
iwateshoyu2

さて、岩手の醤油ということで期待して、まず「醤油」味から。う~ん、なんていうのかなあ、東北独特の醤油のうまみが生かせていない感じ。具のわかめもちょっと生臭くていまいち。
次に「しお」味。思ったよりあっさりしすぎ。麺に味をつけているのか、スープが薄い分、麺で救われている。
最後に「豚骨」味。こってりを想像したら、あっさり味だった。しかしこれが予想を裏切って、一番うまい。とにかくスープに「しょうが」が入っていて、このピリッとした感じがスープからくる豚骨だしにインパクトを与えて、他の2製品との格差をつけている。
まあ、豚骨にギトギト感を求める人には物足りないとおもいますが。

DARS Crea ショコラ&ノワゼット (森永製菓)

DARS_crea期間限定製品。
ノワゼットとは、ヘーゼルナッツのことで、生チョコのようななめらかな風味のチョコと、ナッツの香ばしさがいい感じでハーモニーされていて、口の中に広がる感じ。とにかく後味がいい。もう1種類出ているマロンの方も買っておけば良かったと後悔しきり。
ちなみにナッツはつぶつぶしていないので、完全にクリーム状になっている。

とろろ昆布うどん (五木食品)

tororokonbuudon麺は、生麺で、いわゆる「ゆで麺」というやつ。最初にお湯を入れて1分待つのだけど、湯切りの発砲スチロールの中仕切板があるので、これを押さえながら湯切りする。
麺は、ほぐれやすくするため油がかなりついている。なので、この湯切りは大切だ。
そして、今度は、粉末スープと乾燥の具を入れてお湯を注ぎ直す。器は大きいが、昆布もとろろも、ちょっと具が小さめ。でも、わかめ入りのつゆはおいしかった。

ハウス こんがりポテト (ハウス食品)

house_kongari_GP こちらは、ガーリックペッパー味。ポテトチップとは全然違う食感。とにかく脂っこくなくて、とてもさっぱりとさくさくで、ガーリックもしつこくなく、マイルドなにんにくっぽさがあって、デートの前でも大丈夫かな?って感じ。香ばしくって、ペッパーも効いてていい感じ。 


                       
house_kongari_MS一方、こちらは、マイルドソルト味。ポテトチップのうすしお味を想像したんだけど、全然違う。油っこくないさっぱりさもさることながら、何故か香ばしい。なんだか、こっちもほんのりガーリック?と思わせるような香ばしさがあるんだけど、気のせい? ちなみに、両製品油脂分30%カットとのことだが、食感はそれ以上だ。                                        

豆板醤で作る 野菜カレー (中華東秀)

yasai_curry先日紹介したかつやの「エビフライ丼」は、本当に店舗限定らしく地方の人には幻のメニューだったらしい。

それならこれはどうだろう? 一応、中華東秀の公式ホームページ見たけど、やっぱりメニューに載っていなかった。

でも、季節限定メニューは載せないのかもしれないので、結構食べている人は多いと思う。

私も、中華料理店なのに、何故にカレー????という疑問はあったが、あまりにもおいしそうなので、小田急線鶴間駅前の店に行ってみた。

店内には、5,6人しかいなかったが、注文から10分くらい待たされた。松屋だったら、即出来るのだが、中華東秀は、注文を受けてから、野菜を炒めて、カレーも豆板醤を配合し、盛りつけるらしい。結構手が込んでいる。楽しみだ。

さて、豆板醤で辛みを付けるあたりが、中華料理店らしさが出ているが、カレーのルーは、とてもコクがあってとってもおいしい。辛みも豆板醤の性格が出ていて、いかにも中華カレーって感じ。

ところが、野菜は、カレーに定番の、ジャガイモ、タマネギ、ニンジンなどの具は使われていない。
ここでは、常識を覆す、キャベツ、ピーマン、長ネギを炒めて、ライスの上に乗せ、カレールーをかけているのだ。炒め具合があっさりなのか、とても固い。カレールーをかけてもしなしなになっていない。

うーん、カレーはやっぱり煮込んだ野菜がやっぱりいいなあ。

値段は税込み490円。先日、隣の南林間店で「舞茸と肉のmaitakeyasaiitame野菜炒め定食630円」を食べて食後に2枚綴りの50円引き券がもらっていたのだが、基本的に発行店のみ有効だと思って、正規の料金を払った。
また、今日鶴間店でも2枚綴りの50円割引券をもらったのだが、よく見ると、「鶴間・南林間店限定」とあるではないか! なんだ、この2店の間では、相互利用できたのだ。

50円損したーーーー!!!! ラスパイレス死すう80台の国立大学事務職員にとってこれは大きい。

ちなみに、こっちのメニューは、ひと味足りない。胡椒かけてみたら、とてもおいしくなりました。

「かつや」のエビフライ丼 店舗限定

先日、超寒かった日に、いつものように「かつや」でカツ丼でも食うかと思って某店に行ったところ、見慣れないメニューを発見。

「当店限定 エビフライ丼」

かつや公式ホームページには、3本のエビの乗った「エビフライ定食」はあるが、「エビフライ丼」は無い。しかもこっちはエビが5本乗って490円(税込み514円)なのだ。
これは、食べねばなるまい。そして、寒いから豚汁(大)まで、太っ腹でついでに頼んでしまった。

注文を受けてから揚げるので、待つこと10分あまり、なんとエビちゃん(蛯原友里)そっくりの子が
「お待たせしました~」
と持ってきてびっくり。
しかも、寒いのか、注文の確認で読み上げるときに思いっきりかんでいる(笑

そそくさと厨房に戻ると、
「いや~ん、ちょっと噛んじゃったぁ~ん」
なんて甘い声が漏れてくる。どうやら厨房でエビを揚げている彼とは、恋人同士のようだ。その後もなんだかいちゃいちゃした会話が聞こえてきて、思わす揚げたてエビで唇をやけどしそうになった。

さて、エビフライ丼は、ソース味になってはいるものの、卵ではとじていない。ご飯の上にキャベツの千切りが載せてあって、これがまたエビフライとうまくマッチしている。
少々小ぶりではあるが、しっかりとエビのぷりぷり感もあって、エビフライ5本は満足の領域。さらにおなじみの100円割引券があれば使えるのだから、これはお得としか言いようがない。

いよいよメタボ街道まっしぐらだな、こりゃ。katuya_ebifuraidon

2009年12月1日記事追加
今日、かつやで食べたら、エビフライ丼の割引券もらった。店舗限定メニューから、いつの間にか、フェアメニューに昇格していたんですね。かつや公式HPで確認しました。

2010年1月15日記事追加
今朝の新聞のチラシに、とうとうエビフライを玉子でとじた「エビ玉丼」490円(税込514円)のチラシが入っていた。いやあ~、待っていたんですよ。エビフライ丼は、ソースとキャベツで、何となく豚カツ系のラインだったので、カツ丼系の卵とじは大歓迎です。ありがと~。毎日食べちゃおうかな~。

「松屋」さん、困りますぅ~

「豚と茄子の辛味噌炒め定食」を注文した時の出来事。
実は、牛めしで有名な「松屋」は、定食メニューが昔からあって、それには、生野菜が付き、また味噌汁は、定食、丼ぶり、カレーなど全品に付く。
というわけで、「松屋」は20年以上も通い続ける私の拠り所なのだが、1つだけ、昔から困っていることがある。

実は、たれやドレッシング、しょうがなど、いろんな味が揃っているのだが、それらは店員さんによる補充頻度が異様に多いこと。折角、定食が出されて、サラダにフレンチドレッシングをかけようとしたら、、、、あれ????無い無い??? 隣のケースを覗いて見ても、店内の他のカウンターやテーブルをみてもどこにも見あたらない。
さっきまでそこにあったはずなのに。。。他の味のドレッシングはあるが、私は野菜はフレンチドレッシングと決めているのだ。それも、定食と一緒に食べながらと。

どうやら、店員さんが一斉に回収して、店の厨房の奥で補充しているらしい。
私は、仕方なく、定食が冷めるのも構わず、待った、待った、待っても出出てこない。。。。

そこで、店員さんを呼んだ。そこで来たのが、若くて大人しそうでカワイイ、ギャルゲーによくありがちなキャラの雰囲気を持った女の子の店員さんだった。
「う~ん、まだ研修生らしい。ここで怒ったら泣き出すに違いない。。。よしここは」と思い、優しく、

「あのう~、フレンチドレッシングを一斉に持っていかれると、困りますぅ~♪」

と言ったら、心の中は一瞬「なにこのくそおやぢ」と思ったかもしれないが、

「あ、申し訳ございません」

と目一杯に白濁補填されたドレッシングを握りしめて持ってきてくれた。さすがに、現実ではギャルゲーにありがちな答え方ではなかったがでもよかった。これで安心して食べられる。

「松屋」さん、お願いですから、1割減ったらすぐに補充とかやめたり、客のいない席のドレッシングから優先的に詰め替えたりするとか出来ませんかねぇ~? 

再チャレンジ ペッパーランチ

先日、散々な目に遭ったペッパーランチですが、ドリンク類無料券がまだ残っていたので、性懲りもなくまた行ってしまいました。
本日は、定番のビーフペッパーライスで、通常価格の160円引きのキャンペーン価格で税込み480円。

しかし、客は少ないのに、今回は待ち時間が、体感的にいつもより長いように感じます。(それだけ熱を入れているのかも)
そして、出てきたモノは、ジュ~ジュ~言ってる、いつものペッパーランチの香ばしい香りでした。

よしよしこれこれ。こないだのチーズみたいに、鉄板を覆ってしまうこともなく、肉を鉄板に乗せるだけで、弾け飛ぶ油と肉汁って感じで、気が付いたら、焦げ目もかなり付くこんがり模様になった。
これなら肉に良く火が通って、生焼けということは無いだろう。私は、焼き焦げの香ばしさがどっちかというと好きな方なので、柔らか肉好みの方には、「肉の避難場所」が欲しくなるかもしれない。

まあ、改良されたみたいなので、良しとしよう。


関連記事
ペッパーランチに恐る恐る行ってきました。
http://blog.livedoor.jp/tenkoe/archives/51440757.html

ペッパーランチに恐る恐る行ってきました。

あの事件(*注)が起きる前までは、ちょくちょく行っていた、ペッパーランチですが、あの事件以来、パタッと行かなくなっていました。そりゃそうでしょ、あれだけの事件なのですから、女性の人はもちろん、男だって足が遠のきます。私もそんな訳で、しばらく行かないようにしていました。
でも、いつも店の前を通りかかると、ペッパーと肉の焼ける香りが道路まで流れてきて、つい蛇行したり、事件を知らないのかとても美人の方とか超カワイイ女の子とかがペッパーライスを混ぜているのが見えていたりして、「そろそろ行ってみるか」的な心情に最近なっていました。
そこに起きたO-157による食中毒事件!! やっぱり見損ないました。ペッパーランチはやっぱりペッパーランチです。やっぱりもう2度と行くものかと思いました。これで、自分の中ではもはや終わったと。。。。。
しかしです。最近折り込みチラシで、「ベーコンチーズペッパーライス480円(キャンペーン価格)」(ソフトドリンク無料券付き)というのが、入ってきました。ラスパイレス指数80台の国立大学職員にとっては、これは魅力的です。ベーコンもチーズも炒めご飯も大好きな私は、頭の中のなにかがはじけ、ついにペッパーランチの自動ドアをくぐっていたのでした。
さて、肝心の商品は? 
自分で焼くスタイルは相変わらず。ちょっと不安になったが、チラシによると、鉄皿が新しくなって、290℃まで熱した後、蓄熱効果が上がって、良く焼けるとのこと。特許も取ったらしい。
しかしだ、出てきて、すぐに混ぜ混ぜに取りかかったが、、、ん???
チーズがカチカチに焦げ付いて、固くなっている。ベーコンを鉄板に移したが、チーズのせいで、温度が下がったのか、あまりうまく焼けなかった。
まあ、ベーコンは生焼けでも大丈夫だと思うが、全体的にペッパーが効きすぎ、チーズと一部ご飯がカチカチ。。。。いまいちだった。
やっぱり、もう行くことはないだろう、、、、と思ってよく見たら、サービスステーキが650円(期間限定)じゃないか。うん、また近々行ってみようっと! いまままでの「柔らか加工」じゃなくって「霜降り加工」って書いてあるけど、やっぱり成形肉なのかな?

(*注) 大阪で起きた、ペッパーランチの店員による店内での女性客強姦その後監禁事件

「かつや」の謎

昨日は、帰りが遅くなったので、カツ丼系を無性に食べたくなり、全国チェーンを展開している「かつや」へ2ヶ月ぶりに行ってみた。
いや~、夜も遅いのに、結構お客さん入っているねぇ~。揚げ物を遅く食べると寝ても消化しきれなくってメタボ街道もまっしぐらになりそうだ。
さて、「かつや」は創業10年ちょっとだが、今やカツ丼は、牛丼、ハンバーガーショップと同じ感覚のファーストフードなのだ。カツ丼が490円(税込み514円とちょっと複雑な心境)と、ご飯も肉も揚げ物も卵も同時に満たしたい欲望にこたえている。
さて、国家公務員比ラスパイレル指数80台の安月給の国立大学職員にあっては、夕食にお金をかけるわけにもいかない。鳩山政権下では、今後さらに厳しい状況になることも予想され、何故か季節限定メニューのカキフライ丼590円(税込み619円)を注文しちまった。
ちゃんと注文を受けてから揚げているため、出てきたカキフライ丼のカキはアツアツ、、、猫舌の私としては出てきたカキ汁でやけどしそうなほど。
しかし、カツ丼を期待していったので、卵とじでは無いのがちょっと気にかかる。その代わりキャベツの千切りが敷いてあるのがうれしい。

なお、会計時には、必ず次回使用のための「100円引き券」がもらえる。これは、500円以上の会計で100円引きになるので、必ずもらえるってことは、そもそも商品の価格自体はもっと安く出来るはずなのだが、ここは市場原理がはたらくので、リピーター需要を掘り起こすのと、商品自体の値下げは、イコールにならない。値引きの場合は、資金が他方へ流れてしまうが、100円引き券は、確実に次回への売り上げに貢献する。
だが、悲しいことに裏に有効期限のスタンプが押してあり、これが、また異常に期限が短い。来店月の次月末までだ。
2ヶ月ぶりの「かつや」だったので、前回もらった時の券は期限切れ。仕方なく正規料金を払ったのだが、ネットを見ると、「割引券の裏の有効期限を店員はチェックしないので、エンドレス使用」という書き込みあった。
たまたまそこの店舗だけのことなのか、全店そうなのかわからないが、特に反論意見もなかったので、これはどうやら通説らしい。

これでは、期限が切れて泣く泣く使わない正直者がバカを見るではないか。
謎である。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

(ブログ開始:2009/09/11~)

訪問者数推移グラフ

    最多記録 2010/12/02 1154人

    お帰りの際はこちら↓からどうぞ
    人気ブログランキングへ

    ご訪問ありがとうございました
    J-CASTニュース
    pixiv blogparts - Daily Ranking
    楽天市場
    記事検索
    最新記事(画像付)
    このブログのジャンル
    国立大学情報
    F1情報
    B級グルメ情報
    ゲーム情報
    コンパニオン情報
    マンション情報
    にほんブログ村への近道
    livedoor プロフィール
    livedoor 天気
    カテゴリ別アーカイブ
    ゲームニュース
    livedoor × FLO:Q
    Amazonライブリンク
    QRコード
    QRコード
    最新トラックバック
    最新コメント
    livedoor動画検索
    本ブログパーツの提供を終了しました
    livedoor画像検索
    本ブログパーツの提供を終了しました
    livedoor画像検索ランキング
    本ブログパーツの提供を終了しました
    • ライブドアブログ