国立大学職員の趣味日記

自分のヲタクな趣味の紹介がメインですが、現役の国立大学事務職員のみなさんや、これから新たに国立大学職員採用試験の受験を目指す諸君にも役立つかもしれない情報がたま~に紛れ込んでいます。定期的に訪問して探して見るのも面白いかもしれません。

酒井法子

のりピーが入学した創造学園大学って?

のりピーは、このノートで、勉学にいそしむのだろうか?
nori_p_noteのりぴーこと酒井法子が、4月でも無いのに何故入学?というのも、e-ラーニング通信教育を行うからで、この大学では入学願書を出せば、形式的な入学試験を経て、大抵は合格し、いつでも入学できるらしい。入学金18万円の出所も気になるが。
さて、この創造学園大学、学校法人の堀越学園が設置母体だが、あの「芸能人御用達の学校、中野にある「堀越学園」とは無関係とのこと。紛らわしい。
こちらは、群馬県高崎市に主なキャンパスを置き、のりピーは東京校で、e-ラーニングを行うのだ。でも、入学にあたり、オリエンテーションを兼ねて、高崎のキャンパスを見学したとのこと。さぞかし、在学生たちはびっくらこいたことだろう。

ところで、Googleで「創造学園大学」を検索した方はお気づきだろうが、「差し押さえ」という候補が勝手に現れる。というのも、あろうことか開学時に粉飾決算を行っただけでなく、今年2月には決算書の虚偽記載で4000万円の補助金交付取り消し、また、八千代キャンパスや中山キャンパスが2008年1月に東京地裁から差し押さえられ、教職員の給与未払いもあるという、本当に財源どころか、在学生もこの先大丈夫なの?という大学。

nori_PLLそして、ついに危機感を抱いた群馬県教育委員会は、県内の公立高校に対し、「創造学園大学への入学させないように」という異例の通達に至ったのだ。
報道では、群馬県教育委員会が、何の権限があって、そこまでするのか? 大学の営業妨害ではないか? との手厳しい意見が集中したようだが、はっきり言って、私立大学とはいえ、営利企業とは全く性格が異なるのだ。学生たちは等しく教育を受ける権利があり、大学は、学生が卒業するまで、社会に役立つ人材に育て上げる義務がある。そこに大学が公共性が高いといわれるゆえんがある。だから学生の将来のことを考えれば、4年間ちゃんと面倒を見られるのかどうか疑問を感じた教育委員会の勇気ある行動を咎めることは出来ないだろう。国がちゃんとした私立大学にも補助金を支給している理由もこれで成り立つのだ。

今回、国が行っている事業仕分けだが、公共性の高さという観点から、国からの交付金という部分をもう一度考えて欲しい。国立大学の運営交付金が削減されたら、授業料を値上げせざるを得なくなり、公共性と教育を受ける権利がどんどん奪われてしまうことを・・・・・・。               

のりピーと過ごした日々・・・

noripi_s台風20号接近中で、大雨と寒さの中、東京地裁で開かれたのりピーこと酒井法子の初公判。わずか20席の傍聴席を求めて6615人が日比谷公園に集結したという。

いやあ、こうしてみると、まだまだのりピーの人気は衰えずってとこですね。

そういや、のりピーがデビューした1987年の頃は、女子大生のおにゃん子クラブと清純派のモモコクラブが真っ向から対決している時だった。まあ、私としては、ちょっと擦れた感じのするおにゃん子よりは、清純派のモモコクラブ派の方を押していて、同じ時期に活躍していた西村知美や畠田理恵、島田奈美、白田あゆみ、姫之樹リカ、伊藤美紀とともに未来はビックアイドルになると信じてました。(ある意味一部は当たってますが)

おにゃん子は基本的に撮影禁止のイベントが多いのと対照的に、モモコクラブの方は、サイン会などのレコード販売促進イベントは撮影自由だった。それはプロが撮ったブロマイドの写真と違って、素人が撮ったアイドル写真の方は、ファンとアイドルの近さを感じるフレンドリーな写真として人気を博し、いわゆる「アイドル生写真」というジャンルが生まれることになる。

今みたいにインターネットが一般的で無い当時は、素人が撮った生写真を全国のみんなに知ってもらうには、素人の投稿で成り立っている「投稿写真」系の雑誌が一番手っ取り早い方法だった。

当時は投稿雑誌が一世を風靡していて、これに掲載されることによって、雑誌も売れるし、アイドルの知名度も上がるという相乗効果が生まれ、みんなハッピーな状況だった。(一部で、生写真を原宿などで販売し、巨万の富を築き上げ、フェラーリを購入したという噂も流れたりした。)

のりピーに関しては、自らが描いた「のりピー」がグッズになって販売され一部私の家にも残っている。

また、映像メディアに関しては当時の主流であるVHDやLD、CDVなどに登場し、私の家にもCDVが残っている。CDVとは、CDの大きさ(12cm)に20分の音楽と5分のアナログ映像を収録し、LD&CDコンパチプレーヤーで無ければ再生出来ない代物。ただし、映像がアナログでコピープロテクトも無いので、20年前のプレーヤーを再生して、DVDに焼き直しました。同じくLDもコピー制限が無いので、DVDに焼き直すことが出来ます。

とまあ、なんだか昔を振り返るだけになってしまいましたが、なんであの頃はこんなに熱中したんだろう、そして、なんでこんな事件が起きてしまったんだろう、、、と未来というものは誰にもわからないものなんだ、、、と裁判員裁判のイベントで貰った未開封の審理のDVDを眺めつつ、今日の初公判の様子が頭の中で勝手に空想され、いつの間にかパッケージの表面が濡れてました。。。。。

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

(ブログ開始:2009/09/11~)

訪問者数推移グラフ

    最多記録 2010/12/02 1154人

    お帰りの際はこちら↓からどうぞ
    人気ブログランキングへ

    ご訪問ありがとうございました
    J-CASTニュース
    pixiv blogparts - Daily Ranking
    楽天市場
    記事検索
    最新記事(画像付)
    このブログのジャンル
    国立大学情報
    F1情報
    B級グルメ情報
    ゲーム情報
    コンパニオン情報
    マンション情報
    にほんブログ村への近道
    livedoor プロフィール
    livedoor 天気
    カテゴリ別アーカイブ
    ゲームニュース
    livedoor × FLO:Q
    Amazonライブリンク
    QRコード
    QRコード
    最新トラックバック
    最新コメント
    livedoor動画検索
    本ブログパーツの提供を終了しました
    livedoor画像検索
    本ブログパーツの提供を終了しました
    livedoor画像検索ランキング
    本ブログパーツの提供を終了しました
    • ライブドアブログ