国立大学職員の趣味日記

自分のヲタクな趣味の紹介がメインですが、現役の国立大学事務職員のみなさんや、これから新たに国立大学職員採用試験の受験を目指す諸君にも役立つかもしれない情報がたま~に紛れ込んでいます。定期的に訪問して探して見るのも面白いかもしれません。

箱根駅伝

なんと国立大学である東京工業大学の学生、松井将器クンが2015年の箱根駅伝を走る!

松井将器箱根駅伝といえば、お正月の風物詩、いや、これが無かったら、1年が過ごせないってくらい、大学職員にとっても大事な行事なんだけど、最近は、少子化の影響もあってか、箱根駅伝に出場することが、大学の宣伝になることもあり、高校時代に活躍したスター選手を、スポーツ推薦枠や、授業料免除、返還不要の奨学金などで優遇し、広告塔として入学させて、大学の名を売る私立大学が後を絶たない。
なので、箱根駅伝にかつて出場していた法政大学や国士舘大学、専修大学、優勝経験もある亜細亜大学などの伝統校が今年、走らないことに違和感を生じて仕方ない。
それどころか、こともあろうか宗教色の強い創価大学が何故か予選会を突破して初出場という、沿道での応援は一体どうなってしまうんだとうという余計な心配まで生じてしまった2015年の箱根駅伝である。
そんな中、明るいニュースもあった。かつて、国立大学といえば、昔、筑波大学が出場し、数年前に、東京大学が学連選抜で走ったくらいで、箱根駅伝といえば、私立大学の応援合戦という意味合いが強かった。しかも筑波大学は当時体育学群があって、運動得意の学生が入学するのだから、出場もアリなのだ。
そんな国立大学はかやの外のような箱根駅伝にあって、、2015年は、やはり勉学でも超難関校である東京工業大学から、松井将器クンという、とてつもなく速い選手が関東学生連合チームから第9区を走るというニュースが流れた。あれ? 東京工業大学って、 運動での推薦枠なってあったっけ? もちろんあるわけがない。 松井クンは、一般入試で東大に次ぐ難関校という東工大へ、勉学に励んで入学したのだ。そんな俊足を持っていながらなぜ、箱根駅伝の常勝校への入学を目指さなかったのかといえば、もともとは陸上をめざし、名門の長野佐久長聖高校に入学したのだが、途中で故障して断念、そのパワーを勉学に向けたというのだから、恐れ入る。文武両道とはこういうことをいうのだろう。9区といえば、ゴール手前の戸塚~蒲田の区間。蒲田東京工業大学のある大岡山とは目と鼻の先で土地勘もバッチリだろう。松井クンは山登りもしてみたいと言っていたそうだが、それは敵わなかったが、どういう走りをするのか是非見てみたい。
それにしても、箱根駅伝が行われる道路付近は1日現在、雪が降っているが、2日当日は果たして波乱が起きるのか。それは誰にもわからないけど、久々にわくわくする箱根駅伝になりそうだ。

松井将器クンのプロフィールはこちら 
 http://www.hochi.co.jp/sports/feature/hakone/data/2015/member/kantogakuren/21_matsui.html

箱根駅伝2010 学連選抜の活躍

2010年の箱根駅伝、出場は20チームだが、出場校は20大学ではない。
19チームはそれぞれ1つの大学で構成されているが、残る1チームは、関東学生陸上競技連盟から選抜された選手が10人選抜されて走るので、2名選抜された3大学の他は大学は1名選抜のみだったので、実際には26大学が走ったことになる。

ここでは、あまり大学名が表に出ることの少なかった、学連選抜の大学の活躍がどうだっかのか記しておく。

 1区 神奈川大学  1:03:00 区間 4位 (予選会 個人19位)
 2区 国士舘大学  1:10:56 区間16位 (予選会 個人14位)
 3区 創価大学    1:04:54 区間11位 (予選会 個人30位)
 4区 平成国際大学 0:58:08 区間10位 (予選会 個人39位)
 5区 関東学院大学 1:24:39 区間13位 (予選会 個人74位)

関東学連選抜往路   5:41:37 総合11位

 6区 國學院大學  1:01:07 区間10位 (予選会 個人69位)
 7区 松蔭大学    1:10:54 区間20位 (予選会 個人35位)
 8区 國學院大學  1:09:01 区間17位 (予選会 個人47位)
 9区 神奈川大学  1:12:10 区間 7位 (予選会 個人81位)
10区 創価大学    1:14:48 区間18位 (予選会 個人88位)

関東学連選抜復路   5:48:00 総合19位

往路・復路総合成績 11:29:37 総合16位

結果的には今年は10位以内に入らなかったので、来年度の予選会からの出場枠を増やせなかったのは残念だ。まあ襷こそ学連選抜用となってしまうが、ユニホームは各大学のカラーと大学名をあしらったものを着ることができるので、出場権を逃した大学もここで少しはアピール出来たことだろう。
せめて、これからの箱根駅伝の学連選抜には国立大学が選ばれるように頑張って欲しいものだ。
なお、昨年は東京大学の大学院生がエントリーはされた。
まあ、学連選抜がオープン参加だった頃に東大生が走ってた記憶があるんですが。

ちなみに、昔までさかのぼれば、過去に出場したことのある国立大学は、筑波大学、横浜国立大学、東京学芸大学、東京農工大学、埼玉大学、東京大学が出場経験があるようです。

箱根駅伝2010 復路順位

復路総合順位
  1位 駒沢大学        5:34:41  - 
  2位 東洋大学        5:38:11  +3:30
  3位 城西大学        5:38:28  +3:47
  4位 中央大学        5:39:34  +4:53
  5位 東京農業大学  5:39:43  +5:02
  6位 帝京大学        5:40:04  +5:23
  7位 山梨学院大学  5:40:08  +5:27
  8位 中央学院大学  5:41:17  +6:36
  9位 大東文化大学  5:41:52  +7:11
10位 早稲田大学      5:41:57  +7:16
11位 青山学院大学   5:42:06  +7:25
12位 東海大学         5:42:59  +8:18
13位 上武大学         5:44:02  +9:21
14位 明治大学         5:44:12  +9:31
15位 専修大学         5:44:15  +9:34
16位 日本大学         5:45:23  +10:42
17位 日本体育大学   5:45:30  +10:49 
18位 法政大学         5:46:00  +11:19
19位 学連選抜         5:48:00  +13:19 
20位 亜細亜大学      5:50:47  +16:06

往路・復路合わせた総合順位は、いろいろ報道されていて、東洋大学の優勝で終わった感のある箱根駅伝ですが、ここでは、往路に比べてほとんど日の当たることの無い、復路のみの総合順位にスポットを当ててみたいと思う。ここで感じるのは、往路と復路の変動がほとんど無い大学がある一方、復路がめざましい活躍を遂げた大学もあることだ。

復路優勝は、東洋大ではなく、かつての王者、駒澤大。来年はまた復活なるか。今年は総合2位
東洋大は、復路2位。柏原の貯金を使わなくとも総合優勝だった。
3位は、往路10位だった城西大。そのおかげで総合6位へ躍進。
4位は中央大、5位は東京農業大で、往路も同じ順位で、結果、総合順位も同じ4位、5位だった。
6位は帝京大で、往路15位から大躍進。しかし、総合11位で残念ながらシードまで手が届かなかった。
7位は山梨学院大で往路2位からは、遅かったが、総合は3位で難なくまとめた。でも、もうちょっと東洋大を苦しめるような展開になって欲しかったのが本音。今年の箱根駅伝は退屈な展開に。
8位は中央学院大だが、往路16位で、総合13位。今年はシードを逃した。
9位はなんと往路最下位20位の大東大。大東大はいつも復路の方が速いという印象で目立たない。昨年は総合4位だったが、今年はなんとか最下位から脱出して健闘の18位。
10位の早稲田大は、往路7位からは低いが、総合もなんとか7位。しかし、総合連続2位から悪い意味での脱出になってしまった。
11位の青山学院大は往路9位で、総合は、もっと上がって8位。超久々のシードとなった。
12位の東海大は往路も12位で総合も12位の12位づくしだった。
13位の上武大は、10区の区間賞効果だが、往路14位で、総合14位と2回目出場としてはまあまあか。
14位の明治大は、往路6位と合わせて、総合10位でなんとかシードを守った。でも4区までのトップだったことを考えると、なんとなくがっかり?
15位の専修大は往路17位で、総合17位。
16位の日大は、往路13位で総合15位。出雲と全日本駅伝を征してもこの結果とは、箱根は不思議だ。
17位の日体大は、往路3位の貯金で、総合9位。不祥事があっても、今回もシードをゲット。
18位の法政大は、往路も18位だが、総合19位へ下げ。
19位の学連選抜は、往路11位と合わせ、総合16位へ。シード枠ゲットならず。
20位の亜細亜大は往路が19位で、総合20位の最下位へ。往路の成績が最下位にならなかったのは、大東大のおかげ。これで大東亜帝国の絆がますます深いものに。

と、いうわけで、今年の箱根駅伝復路は、亜細亜大学の襷がとぎれたのと、中央大の転倒があったが、
リタイヤはなく、なんとなく平凡に終わった。
シード落ちした大学はまた予選会に向けて、今年出場できなかった大学とまた出場枠をかけて、激しい戦いが始まるのである。また来年が楽しみだ。

箱根駅伝2010 往路順位

往路総合順位
  1位 東洋大学        5:32:02 -
  2位 山梨学院大学  5:35:38 +3:36
  3位 日本体育大学  5:36:15 +4:13
  4位 中央大学        5:36:26 +4:24
  5位 東京農業大学  5:36:59 +4:57
  6位 明治大学        5:37:45 +5:43
  7位 早稲田大学     5:38:07 +6:05
  8位 駒澤大学        5:39:18 +7:16
  9位 青山学院大学  5:39:19 +7:17
10位 城西大学        5:39:25 +7:23 
11位 学連選抜        5:41:37 +9:35
12位 東海大学        5:42:47 +10:45
13位 日本大学        5:43:25 +11:23
14位 上武大学        5:44:12 +12:10
15位 帝京大学        5:44:48 +12:46
16位 中央学院大学  5:45:24 +13:22
17位 専修大学        5:45:36 +13:34
18位 法政大学        5:47:22 +15:20
19位 亜細亜大学     5:50:20 +18:18
20位 大東文化大学  5:51:01 +18:59

あ~、今年も東洋大学が往路を征しちゃったねぇ。昨年同様、5区の柏原が異次元の速さ。小田原中継所では、昨年よりも30秒ほど少ない、1位明治大学との差、4分26秒をひっくり返すのもそんなに難しいことでは無いとは思ったけど、明治大が失速、あっさりと逆転されたばかりか、終わってみれば、明治大学6位で、逆に5分43秒差をつけられた。合わせて10分も差があったことになる。
2位は、途中あぶなげなところもあったけど、山梨学院大学。華の2区に留学生を起用しなかったのは珍しい。
3位は不祥事があっても、日本体育大学。不祥事があったほうが、逆風でかえって強くなれるのだろうか。
5位は思ったより調子のいい東京農業大学。このままの勢いでシード獲得なるか。
7位は早稲田大学。5区で無理に柏原と併走したので、最後までスタミナが持たなかったのだろう。
8位の駒沢大学は、序盤のブレーキがたたったが、最後はなんとかここまで持ち直したようだ。
9位の青山学院大学の久々の出場ながら、この順位は凄い。
13位の日大は、出雲や全日本の駅伝順位から考えれば、予想外。どうしちゃったんだろう。
14位の上武大は予選会の勢いを考えたら、もうちょっと上位にくるかなと思ったが、まだ出場2回目だしね。
18位の法政大学、19位の2006年優勝校の亜細亜、20位のかつての古豪、昨年も4位の大東大は、本当にどうしちゃんたんだろう、という順位だねぇ。
箱根駅伝は、予想外のことばかり起きる。明日も東洋大学がこのまま逃げ切れるという保証があるわけでない。
では、明日の復路を楽しみにすることにしよう。

2010年(平成22年)になりました

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

本日行われました2010全日本実業団駅伝は、日清食品が優勝しました。これで、またカップ麺レビューにも気合いが入ります。

明日から、いよいよ箱根駅伝が始まります。入試の出願シーズンの直前に行われるこの駅伝は、出場する私立大学にとっては、絶好の広報の機会です。昨年行われた予選会を見るにつけ、国立大学の出場は、まだまだ道は遠そうですが、やっぱりこれからは頑張ってほしいよなあ。

関連記事
箱根駅伝予選会 国立大学の存在感は?

箱根駅伝予選会 国立大学の存在感は?

まだ、早いけど、正月の楽しみって、やっぱ箱根駅伝だよね~。
私の母校も、ず~~~~~っと出場しているので、沿道まで応援にいっちゃったりして、旗を振るのが毎年の恒例行事となっている。
しかしだ、出場校って、関東学生陸上競技連盟に加盟している大学に限られるんだけど、現実的には、私立大学しか出場していない。昔をたどれば、筑波大学が出場しているとか、関東陸連選抜メンバーとして東京大学が走ったとかあるけど、最近は、国立大学が出場するのは、夢のまた夢のような状態である。
というのも、箱根駅伝は、関東だけのお祭りではなく、今や2日間の完全生中継どころか、予選会まで、全編放送してくれる位、世間の大きな注目をあびているところに、原因がある。
おかげて、箱根駅伝は、全国区に知れ渡るようになり、関東の大学とはいえ、インターハイで注目されている有力選手を、私立大学が奪い合い、特待生として、学費免除などで、優遇して入学させ、戦力の強化をしている実態があるからだ。
そこまで、私立大学が血眼になるのもなぜか。それは、視聴率がとてつもなく良く、出場するだけで、知名度があがり、それに伴い出願者が増え、併せて偏差値も上がるという、広報的にはとてもおいしいからだ。
群馬県にある上武大学も、箱根駅伝出場のために、早稲田大学出身の花田監督を呼び、創部わずか5年で予選会3位で2年連続出場を果たすほどに急成長しているほどだ。

このような私立大の実態を見るに、一般入学者として入学して、また、授業や実習・実験の忙しさで、部活になかなか打ち込めない国立大学で、箱根駅伝を走ることは、本当にありえないことなのかもしれない。

そんな中、10月17日に、毎年恒例の立川駐屯地~昭和記念公園で、出場校選抜のための、予選会が開催された。今年の本戦で、シード権を取れなかった大学や再起を誓う大学、まだ1度も出場していない大学などが、この予選会で争うわけだ。
予選会に国立大学が走っていることは、テレビを見ていても、なかなかわかりにくい。しかし、それでも懸命に走っている姿は、国立大学もがんばっているんだぞというメッセージが伝わってくる。以下、報道ではあまり伝えない国立大学の予選会順位をお知らせします。

※20kmのコースを走り、それぞれ大学の上位10人の合計タイムで大学の順位が決まる
26位 東京大学     (個人最高位 242位)
29位 東京学芸大学  (個人最高位 115位)
32位 筑波大学     (個人最高位 255位)
34位 東京大学大学院 (個人最高位 105位)
36位 横浜国立大学   (個人最高位 264位)
38位 千葉大学     (個人最高位 309位)
41位 東京工業大学  (個人最高位 216位)
42位 一橋大学     (個人最高位 228位)
47位 群馬大学     (個人最高位 345位)

予選会参加校47大学  個人の順位は、554人中の順位です。ちなみに出場出来るのは11位まで。道はまだまだ遠い。。。。
国立大学のトップは、(意外にも?)東京大学です。文武両道って本当なんですね。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

(ブログ開始:2009/09/11~)

訪問者数推移グラフ

    最多記録 2010/12/02 1154人

    お帰りの際はこちら↓からどうぞ
    人気ブログランキングへ

    ご訪問ありがとうございました
    J-CASTニュース
    pixiv blogparts - Daily Ranking
    楽天市場
    記事検索
    最新記事(画像付)
    このブログのジャンル
    国立大学情報
    F1情報
    B級グルメ情報
    ゲーム情報
    コンパニオン情報
    マンション情報
    にほんブログ村への近道
    livedoor プロフィール
    livedoor 天気
    カテゴリ別アーカイブ
    ゲームニュース
    livedoor × FLO:Q
    Amazonライブリンク
    QRコード
    QRコード
    最新トラックバック
    最新コメント
    livedoor動画検索
    本ブログパーツの提供を終了しました
    livedoor画像検索
    本ブログパーツの提供を終了しました
    livedoor画像検索ランキング
    本ブログパーツの提供を終了しました
    • ライブドアブログ