最近は、5000円以下でも作れるところが増えてきた。そこで、レンズのコーティングがはがれてレンズ交換よりも格安ということで、広告の入ったさいか屋の中にあるメガネ屋に出かけた。
3150円で、レンズ・フレームセットとのふれこみだが、今流行の、水泳のゴーグルにようなデザインは個人的にあまり好きではない。
結局、10年前に作ったメガネドラッグの9800円セットで作り替えることにした。
検眼の過程で、若干老眼が始まっているらしいとわかった。最近の肩こりはどうやらこのせいらしい。今のより、度数を落とすとこれが実に見やすい。本当は遠近両用がいいのだろうが、まだそこまで進行していないので、結局9800円は球面レンズのみということで、次に安い12600円のセットになってしまった。やっぱり、一度非球面に慣れてしまうと、周囲がゆがむ球面レンズには耐えられないらしい。
結局、なかなか安く済ますことはできないもんだねぇ。
30分も待てば今はお持ち帰りできる時代に、工場は蒲田ということで、完成するのは15日。それまでは、肩こりに悩まされながらゲームでもするか。