国立大学職員の趣味日記

自分のヲタクな趣味の紹介がメインですが、現役の国立大学事務職員のみなさんや、これから新たに国立大学職員採用試験の受験を目指す諸君にも役立つかもしれない情報がたま~に紛れ込んでいます。定期的に訪問して探して見るのも面白いかもしれません。

ファーストフード

くら寿司がなんだか大変なことになっていた・・・

くら寿司1ほとんどすべての皿が一皿が105円で食べられるので有名な回転寿司屋「無添くら寿司」へ久々に行ってみて、びっくりした。

な、なんと、皿が全部すっぽりとプラスチックのドームにくるまれていて、一見、どうやって食べるのさ、と思うような光景。

ちなみに、隣のオバサンは、まるごと取ってテーブルの上に並べていたら、店員さんが飛んできて、「皿だけとって、容器はそのままにしてください」とのこと。

これに呼応して、オバサンがブチギレ!
「こんなの、どうやってとればいいのかわからないでしょ!、アタシの孫も取れないわよ。どうしてくれんの!」
うーん、うるさいオバサンとおもいつつも、私も取り方がわからない。
これ、オバサン、あなたは正しいよ。容器ごと取れば間違いないけど、このブラスチックドームで覆われた寿司の皿を取り出すのは、ミスターマリックでなければ不可能かもしれない。

なんて、悩んでいたら、店員さんが、「ここの取り方が書いてあるだろう」って感じで指さしてくれた。
たしかに、上の方の気づかないところに書いてあった。
なんと皿の端を持ってちょっと上に上げると、自然にパカッてフタが上がるのだ。
くら寿司2
なるほど、これを考えた人は、回転するうちに寿司ネタが乾くのをなんとか阻止しようと必死だったと思うんだけど、今までのように、皿を取るとレーンが開く、そこへ新しい皿を追加するって方式ではなく、この空容器には、何が収まるかあらかじめ決まっているので、 ネタが収まるまでは、この開いた状態でいつまでも周り続けるのだ。

つまり、注文しないと、ほとんどネタが廻ってこない。
だったら、こんな乾燥予防なんか考えなくても、注文中心にすればいいんじゃないの? って思う。

おそらく不評ですぐに無くなると思うが、この容器、以外とお金がかかっていそうなので、しばらくはこの間抜けな光景が見られることでしょう・・・(笑

先行販売 ハワイアンバーガー (日本マクドナルド)

MacdonaldoPA0_0047今日から、ビックアメリカのハンバーガー4種が限定販売。中央林間店では、「ハワイアンバーガー」が売っていたけど、セットメニューが740円もする!
本来なら食べて感想を書きたいところだったが、残念ながら、国立大学職員にはとても手の届かない豪華なハンバーガーだった。
3月には、本格的に販売になるようなので、その時まで待つとしよう。

豆板醤で作る 野菜カレー (中華東秀)

yasai_curry先日紹介したかつやの「エビフライ丼」は、本当に店舗限定らしく地方の人には幻のメニューだったらしい。

それならこれはどうだろう? 一応、中華東秀の公式ホームページ見たけど、やっぱりメニューに載っていなかった。

でも、季節限定メニューは載せないのかもしれないので、結構食べている人は多いと思う。

私も、中華料理店なのに、何故にカレー????という疑問はあったが、あまりにもおいしそうなので、小田急線鶴間駅前の店に行ってみた。

店内には、5,6人しかいなかったが、注文から10分くらい待たされた。松屋だったら、即出来るのだが、中華東秀は、注文を受けてから、野菜を炒めて、カレーも豆板醤を配合し、盛りつけるらしい。結構手が込んでいる。楽しみだ。

さて、豆板醤で辛みを付けるあたりが、中華料理店らしさが出ているが、カレーのルーは、とてもコクがあってとってもおいしい。辛みも豆板醤の性格が出ていて、いかにも中華カレーって感じ。

ところが、野菜は、カレーに定番の、ジャガイモ、タマネギ、ニンジンなどの具は使われていない。
ここでは、常識を覆す、キャベツ、ピーマン、長ネギを炒めて、ライスの上に乗せ、カレールーをかけているのだ。炒め具合があっさりなのか、とても固い。カレールーをかけてもしなしなになっていない。

うーん、カレーはやっぱり煮込んだ野菜がやっぱりいいなあ。

値段は税込み490円。先日、隣の南林間店で「舞茸と肉のmaitakeyasaiitame野菜炒め定食630円」を食べて食後に2枚綴りの50円引き券がもらっていたのだが、基本的に発行店のみ有効だと思って、正規の料金を払った。
また、今日鶴間店でも2枚綴りの50円割引券をもらったのだが、よく見ると、「鶴間・南林間店限定」とあるではないか! なんだ、この2店の間では、相互利用できたのだ。

50円損したーーーー!!!! ラスパイレス死すう80台の国立大学事務職員にとってこれは大きい。

ちなみに、こっちのメニューは、ひと味足りない。胡椒かけてみたら、とてもおいしくなりました。

「かつや」のエビフライ丼 店舗限定

先日、超寒かった日に、いつものように「かつや」でカツ丼でも食うかと思って某店に行ったところ、見慣れないメニューを発見。

「当店限定 エビフライ丼」

かつや公式ホームページには、3本のエビの乗った「エビフライ定食」はあるが、「エビフライ丼」は無い。しかもこっちはエビが5本乗って490円(税込み514円)なのだ。
これは、食べねばなるまい。そして、寒いから豚汁(大)まで、太っ腹でついでに頼んでしまった。

注文を受けてから揚げるので、待つこと10分あまり、なんとエビちゃん(蛯原友里)そっくりの子が
「お待たせしました~」
と持ってきてびっくり。
しかも、寒いのか、注文の確認で読み上げるときに思いっきりかんでいる(笑

そそくさと厨房に戻ると、
「いや~ん、ちょっと噛んじゃったぁ~ん」
なんて甘い声が漏れてくる。どうやら厨房でエビを揚げている彼とは、恋人同士のようだ。その後もなんだかいちゃいちゃした会話が聞こえてきて、思わす揚げたてエビで唇をやけどしそうになった。

さて、エビフライ丼は、ソース味になってはいるものの、卵ではとじていない。ご飯の上にキャベツの千切りが載せてあって、これがまたエビフライとうまくマッチしている。
少々小ぶりではあるが、しっかりとエビのぷりぷり感もあって、エビフライ5本は満足の領域。さらにおなじみの100円割引券があれば使えるのだから、これはお得としか言いようがない。

いよいよメタボ街道まっしぐらだな、こりゃ。katuya_ebifuraidon

2009年12月1日記事追加
今日、かつやで食べたら、エビフライ丼の割引券もらった。店舗限定メニューから、いつの間にか、フェアメニューに昇格していたんですね。かつや公式HPで確認しました。

2010年1月15日記事追加
今朝の新聞のチラシに、とうとうエビフライを玉子でとじた「エビ玉丼」490円(税込514円)のチラシが入っていた。いやあ~、待っていたんですよ。エビフライ丼は、ソースとキャベツで、何となく豚カツ系のラインだったので、カツ丼系の卵とじは大歓迎です。ありがと~。毎日食べちゃおうかな~。

「松屋」さん、困りますぅ~

「豚と茄子の辛味噌炒め定食」を注文した時の出来事。
実は、牛めしで有名な「松屋」は、定食メニューが昔からあって、それには、生野菜が付き、また味噌汁は、定食、丼ぶり、カレーなど全品に付く。
というわけで、「松屋」は20年以上も通い続ける私の拠り所なのだが、1つだけ、昔から困っていることがある。

実は、たれやドレッシング、しょうがなど、いろんな味が揃っているのだが、それらは店員さんによる補充頻度が異様に多いこと。折角、定食が出されて、サラダにフレンチドレッシングをかけようとしたら、、、、あれ????無い無い??? 隣のケースを覗いて見ても、店内の他のカウンターやテーブルをみてもどこにも見あたらない。
さっきまでそこにあったはずなのに。。。他の味のドレッシングはあるが、私は野菜はフレンチドレッシングと決めているのだ。それも、定食と一緒に食べながらと。

どうやら、店員さんが一斉に回収して、店の厨房の奥で補充しているらしい。
私は、仕方なく、定食が冷めるのも構わず、待った、待った、待っても出出てこない。。。。

そこで、店員さんを呼んだ。そこで来たのが、若くて大人しそうでカワイイ、ギャルゲーによくありがちなキャラの雰囲気を持った女の子の店員さんだった。
「う~ん、まだ研修生らしい。ここで怒ったら泣き出すに違いない。。。よしここは」と思い、優しく、

「あのう~、フレンチドレッシングを一斉に持っていかれると、困りますぅ~♪」

と言ったら、心の中は一瞬「なにこのくそおやぢ」と思ったかもしれないが、

「あ、申し訳ございません」

と目一杯に白濁補填されたドレッシングを握りしめて持ってきてくれた。さすがに、現実ではギャルゲーにありがちな答え方ではなかったがでもよかった。これで安心して食べられる。

「松屋」さん、お願いですから、1割減ったらすぐに補充とかやめたり、客のいない席のドレッシングから優先的に詰め替えたりするとか出来ませんかねぇ~? 

再チャレンジ ペッパーランチ

先日、散々な目に遭ったペッパーランチですが、ドリンク類無料券がまだ残っていたので、性懲りもなくまた行ってしまいました。
本日は、定番のビーフペッパーライスで、通常価格の160円引きのキャンペーン価格で税込み480円。

しかし、客は少ないのに、今回は待ち時間が、体感的にいつもより長いように感じます。(それだけ熱を入れているのかも)
そして、出てきたモノは、ジュ~ジュ~言ってる、いつものペッパーランチの香ばしい香りでした。

よしよしこれこれ。こないだのチーズみたいに、鉄板を覆ってしまうこともなく、肉を鉄板に乗せるだけで、弾け飛ぶ油と肉汁って感じで、気が付いたら、焦げ目もかなり付くこんがり模様になった。
これなら肉に良く火が通って、生焼けということは無いだろう。私は、焼き焦げの香ばしさがどっちかというと好きな方なので、柔らか肉好みの方には、「肉の避難場所」が欲しくなるかもしれない。

まあ、改良されたみたいなので、良しとしよう。


関連記事
ペッパーランチに恐る恐る行ってきました。
http://blog.livedoor.jp/tenkoe/archives/51440757.html

ペッパーランチに恐る恐る行ってきました。

あの事件(*注)が起きる前までは、ちょくちょく行っていた、ペッパーランチですが、あの事件以来、パタッと行かなくなっていました。そりゃそうでしょ、あれだけの事件なのですから、女性の人はもちろん、男だって足が遠のきます。私もそんな訳で、しばらく行かないようにしていました。
でも、いつも店の前を通りかかると、ペッパーと肉の焼ける香りが道路まで流れてきて、つい蛇行したり、事件を知らないのかとても美人の方とか超カワイイ女の子とかがペッパーライスを混ぜているのが見えていたりして、「そろそろ行ってみるか」的な心情に最近なっていました。
そこに起きたO-157による食中毒事件!! やっぱり見損ないました。ペッパーランチはやっぱりペッパーランチです。やっぱりもう2度と行くものかと思いました。これで、自分の中ではもはや終わったと。。。。。
しかしです。最近折り込みチラシで、「ベーコンチーズペッパーライス480円(キャンペーン価格)」(ソフトドリンク無料券付き)というのが、入ってきました。ラスパイレス指数80台の国立大学職員にとっては、これは魅力的です。ベーコンもチーズも炒めご飯も大好きな私は、頭の中のなにかがはじけ、ついにペッパーランチの自動ドアをくぐっていたのでした。
さて、肝心の商品は? 
自分で焼くスタイルは相変わらず。ちょっと不安になったが、チラシによると、鉄皿が新しくなって、290℃まで熱した後、蓄熱効果が上がって、良く焼けるとのこと。特許も取ったらしい。
しかしだ、出てきて、すぐに混ぜ混ぜに取りかかったが、、、ん???
チーズがカチカチに焦げ付いて、固くなっている。ベーコンを鉄板に移したが、チーズのせいで、温度が下がったのか、あまりうまく焼けなかった。
まあ、ベーコンは生焼けでも大丈夫だと思うが、全体的にペッパーが効きすぎ、チーズと一部ご飯がカチカチ。。。。いまいちだった。
やっぱり、もう行くことはないだろう、、、、と思ってよく見たら、サービスステーキが650円(期間限定)じゃないか。うん、また近々行ってみようっと! いまままでの「柔らか加工」じゃなくって「霜降り加工」って書いてあるけど、やっぱり成形肉なのかな?

(*注) 大阪で起きた、ペッパーランチの店員による店内での女性客強姦その後監禁事件

「かつや」の謎

昨日は、帰りが遅くなったので、カツ丼系を無性に食べたくなり、全国チェーンを展開している「かつや」へ2ヶ月ぶりに行ってみた。
いや~、夜も遅いのに、結構お客さん入っているねぇ~。揚げ物を遅く食べると寝ても消化しきれなくってメタボ街道もまっしぐらになりそうだ。
さて、「かつや」は創業10年ちょっとだが、今やカツ丼は、牛丼、ハンバーガーショップと同じ感覚のファーストフードなのだ。カツ丼が490円(税込み514円とちょっと複雑な心境)と、ご飯も肉も揚げ物も卵も同時に満たしたい欲望にこたえている。
さて、国家公務員比ラスパイレル指数80台の安月給の国立大学職員にあっては、夕食にお金をかけるわけにもいかない。鳩山政権下では、今後さらに厳しい状況になることも予想され、何故か季節限定メニューのカキフライ丼590円(税込み619円)を注文しちまった。
ちゃんと注文を受けてから揚げているため、出てきたカキフライ丼のカキはアツアツ、、、猫舌の私としては出てきたカキ汁でやけどしそうなほど。
しかし、カツ丼を期待していったので、卵とじでは無いのがちょっと気にかかる。その代わりキャベツの千切りが敷いてあるのがうれしい。

なお、会計時には、必ず次回使用のための「100円引き券」がもらえる。これは、500円以上の会計で100円引きになるので、必ずもらえるってことは、そもそも商品の価格自体はもっと安く出来るはずなのだが、ここは市場原理がはたらくので、リピーター需要を掘り起こすのと、商品自体の値下げは、イコールにならない。値引きの場合は、資金が他方へ流れてしまうが、100円引き券は、確実に次回への売り上げに貢献する。
だが、悲しいことに裏に有効期限のスタンプが押してあり、これが、また異常に期限が短い。来店月の次月末までだ。
2ヶ月ぶりの「かつや」だったので、前回もらった時の券は期限切れ。仕方なく正規料金を払ったのだが、ネットを見ると、「割引券の裏の有効期限を店員はチェックしないので、エンドレス使用」という書き込みあった。
たまたまそこの店舗だけのことなのか、全店そうなのかわからないが、特に反論意見もなかったので、これはどうやら通説らしい。

これでは、期限が切れて泣く泣く使わない正直者がバカを見るではないか。
謎である。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

(ブログ開始:2009/09/11~)

訪問者数推移グラフ

    最多記録 2010/12/02 1154人

    お帰りの際はこちら↓からどうぞ
    人気ブログランキングへ

    ご訪問ありがとうございました
    J-CASTニュース
    pixiv blogparts - Daily Ranking
    楽天市場
    記事検索
    最新記事(画像付)
    このブログのジャンル
    国立大学情報
    F1情報
    B級グルメ情報
    ゲーム情報
    コンパニオン情報
    マンション情報
    にほんブログ村への近道
    livedoor プロフィール
    livedoor 天気
    カテゴリ別アーカイブ
    ゲームニュース
    livedoor × FLO:Q
    Amazonライブリンク
    QRコード
    QRコード
    最新トラックバック
    最新コメント
    livedoor動画検索
    本ブログパーツの提供を終了しました
    livedoor画像検索
    本ブログパーツの提供を終了しました
    livedoor画像検索ランキング
    本ブログパーツの提供を終了しました
    • ライブドアブログ