国立大学職員の趣味日記

自分のヲタクな趣味の紹介がメインですが、現役の国立大学事務職員のみなさんや、これから新たに国立大学職員採用試験の受験を目指す諸君にも役立つかもしれない情報がたま~に紛れ込んでいます。定期的に訪問して探して見るのも面白いかもしれません。

チョコ

LOOKア・ラ・モード 4色クリームパン

LOOK4色クリームパン不二家のLOOKチョコレートをそのままパンにしてしまった商品。なるほど、チョコレートのパンがあるのだから、こういうパンもあっても不思議ではない・・・か?
でも、やっぱりチョコパンはパンにアレンジした方のがうまいかもしれない。ちょっと甘さが後を引いた。

ゴールデンチョコパン ミニ (山崎製パン)

ゴールデンチョコパンミニパッケージを見てすぐわかるように、これはアニメでおなじみの「けいおん!」とのコラボ商品。軽音部5人のキャラが描かれている。

肝心の味も、中のココアっぽいチョコも、パンの表面を包んでいるチョコも、パン生地に練り込んでいるチョコも、チョコだらけなのだが、このバランスがうまくとれていて、とっても美味しかった。
まあ、甘味料として、ステビアとスクラロースを使っているあたりはやや仕方ないとはいえ、やっぱりチョコそのもので勝負してほしかったな。
どうやらローソン限定商品らしい。定価135円。

冬期限定 Melty kiss Whips くちどけホイップショコラ (明治製菓)

Meltykiss_Whipwこちらも、寒い冬に適した、ふんわりとした舌触りのホイップチョコを用いたメルティキッスシリーズのショコラだ。
特に、中にはいっているチョコがふわふわで、ちょうどココアを飲んでいるイメージ。
温かい口の中でふわりんと溶けて、その後味も格別でした。

Nestle キットカット チーズ (ネスレ日本)

キットカットチーズキットカットの限定版製品やいろんな味の製品は多く見かけるけど、ここに紹介する「チーズ」はキットカットシリーズのラインナップを見てもかなり異質な製品だ。

キットカットといえば、チョコレート製品なのだが、それとチーズがどう結びつくのか、しかも「チーズ風味」ではなく、「チーズ」とパッケージに書かれているくらい、これは、キットカットがチーズを売り出したのかと勘違いした位だ。

さて、良く見ると、ヨーロッパ産チーズの中で主に
「ゴーダチーズ」を60%位使い、チーズパウダークリームがウエハースの間に入れ、それをチーズペースト+チーズフレーバーのチョコで覆った本格的なチーズの準チョコレート(チョコレート菓子ではない)なのだ。

まさに、口の中に入れると、芳醇なチーズの香りとコクのある風味が口いっぱいに広がって、それはまさにチーズのチョコレートであった。

meiji マロンチョコレート (明治製菓)

明治マロンチョコレートこれはとにかく旨い!
栗は国産では無く、イタリア産のマロンを使用しているが、とにかくコクと香ばしさが群を抜いており、まるで、焼き甘栗のよう。
これが、meijiのチョコと凄くマッチしていて、この巡り合わせは出逢うべくして出逢ったというか、他社のチョコでは、こうはうまく行かなかったかもしれない。

カレ・ド・ショコラ[ベネズエラビター] (森永製菓)

ベネズエラビターベネズエラ産カカオ分55%のビターチョコレートで、ビターと謳っていながら、あまり苦みや酸味が無い。カカオ豆をの深い香りが味わえるいわゆる大人のチョコレートだ。チョコの形は正方形で、ちょっと一口では食べづらいが、その薄さが香りを引き立てているのであろう。

チェルシアチョコレート (明治製菓)

CHELSEA_CHOCOLATEおお、これはまさしく名品「チェルシー」がそのままチョコレートになった感じではないですかぁ。
チェルシーも舐めたいけど、チョコも食べたいっというどっちの欲望もかなえてくれる摩訶不思議な一品。

バンボーデン ディアカカオ ホワイト&ココア (グリコ)

バンボーデンW&cこのシリーズは「大人グリコ」として、大人が食べるチョコを目指したものだ。
バンボーデンのココアのような芳醇の香りとミルクで包まれたチョコの調和がなんともいえず、口の中でミルキーな甘みとその後やってくるココアの感触がとっても心地よいチョコでした。

ショコラ デセール カスタードのデザート(ロッテ)

カスタードのデザート(ロッテ)タイトルだけだと、何のことかわかりにくいが、ミルクチョコをカスタードクリームのホワイトチョコで来るんでキューブ状に仕上げたチョコレートのことだった。
外側が、カスタードなので、口に入れた瞬間は、カスタードの味が先にきてしまい、時間が経って中のミルクチョコと混じり合うまでは、このチョコの本領が発揮されない。
しかし、一旦混じり合うと、そのミルクチョコがカスタードの芳醇な香りにつつまれて、何ともいえない、まさにカスタードチョコケーキのような感覚を覚えるのである。最初から、ちょっと噛みながら食べるのがオツなのかもしれない。

チョコレート効果CACAO86% (明治製菓)

チョコレート効果CACAO86%パッケージを良く見ると「健康とおいしさを考えた大人のチョコレート」とある。CACAO86%というのはそういうことなのだ。
見た目のパッケージの雰囲気に惑わされてはいけない。meijiのブラックチョコを遙かに凌ぐ苦さだ。確かに本格的なビターチョコで、ポリフェノールがmeijiミルクチョコの3.6倍も含まれているという。そう思うとなんだか苦いことが、体にいいと感じるようになるおいしさが出てくるから不思議だ。個包装になっていて、とても食べやすい。

LOOK パフェ ア・ラ・モード (不二家)

LOOKパフェアラモード不二家のLOOKシリーズでおなじみのチョコレート、パフェ・ア・ラ・モードということで、ブルーベリーパフェ、プリンパフェ、ストロベリーパフェ、チョコレートパフェにそれぞれバニラビーンズのホワイトの生クリームを中に入れた製品。ベリー系はほんのり酸っぱく、プリン系は甘く、いろいろな味がこの一箱で味わえるLOOKチョコレートに良さが引き継がれている。

Ghana WHITE&MILK (ロッテ)

Ghana_WHITE&MILKガーナのホワイト&ミルクは、期間限定の個包装チョコ。ホワイトチョコにくるまれ、中のココアバターが舐めているうちに溶けだしてホワイトチョコと混じり合うと、なんとも言えない芳醇な香りが口の中にいっぱいに広がります。

airs ミルク/airs ホワイト (ロッテ)

airs_ミルクこちらは、ミルク味。エアInチョコとしては、ネスレのエアロが有名だが、こちらのエアーの空砲はやや小さめで、チョコ1個の粒も小さい。
ちょっと舐めてもよし、噛んでもよしなのだが、中のココアバターがすぅ~っと溶けていく感じがいい。


airs_ホワイトそして、こちらは、ホワイトの方。中が白く、ホエイパウダーとクリームパウダーが入って、ミルキーな仕上がりになっている。エアInチョコとこのクリームの取り合わせが最高だ。「さくっとかむと、すうっと消える」がそれぞれ共通のキャッチフレーズだが、噛むとすぐ無くなってしまうので、もったいない感じだ。

キットカット ミルクコーヒー味 (ネスレコンフェクショナリー)

KitKat_milkcoffeeおなじみキットカットのシリーズだが、ミルクコーヒー味といっても、所詮チョコレートが主体だから、そんなに期待していなかった。
しかし、一口食べてびっくり!
甘ったるいコーヒー味を想像していたのだが、しっかりとほろ苦くて、コーヒーの香ばしさが引き出されているではないか・・・・。箱のパッケージからも想像できない本格的コーヒーの、どっとかといえば、昔懐かしい昭和40年代頃のコーヒー牛乳の味に近かった。

LOOK いちごのクリームと2種のソース (不二家)

LOOKいちごおなじみ不二家のLOOKチョコレート。チョコの中身はいちごのソースとミルクのソースの2種類。いちごの酸味のチョコもあれば、ミルクの芳醇な甘みがうまくハーモニーしたいかにも不二家らしい作りだ。

あれ、なんか既視感が。。。。
この前に紹介した森永のチョコと同じ構造じゃん。考えることはどうしても似てきてしまうんだね。

DARS Crea いちご&練乳 (森永製菓)

DARS Crea いちご個包装なのだが、1個が大きめで、口に入れたとたん、ちょっとアップアップするけど、すぐにとろけてしまうので、あまり気にならない。
チョコの中身はいちごのちょっと酸味の効いたのと、練乳の甘みの効いた2種類があり、どちらも表側のチョコとうまくハーモニーしている。

DARS Crea いちご&練乳(森永製菓)

DARS_Crea森永製菓といえば、DARSシリーズ。
今回は、期間限定のいちご&練乳が入った新製品。

不二家のLOOKシリーズのように、チョコの中にクリームが入っているのだが、森永のDARSの方が粒が大きめ。

ちょっと口の中に入れたとき、大きく感じるが、すぐとろけて来るので心配はご無用。そして、LOOKとは違って、大箱入りは、個包装となっている。
包装の色は緑っぽい色で、いちごの雰囲気は全くない。これはちと意外だった。練乳は、不二家と違って、いかにも森永のミルクという感じ。あまりとろりとはしていない。チョコはいちごの味のチョコとなっており、いちごのクリームが入っているわけではないので、お間違えなく。後味は良し。

LOOK いちごクリームと2種のソース(不二家)

LOOK_ichigoおなじみ不二家のLOOKチョコレートシリーズの春らしい新製品だ。
LOOKらしく、チョコの中身にクリームが入っているのだが、そのいちごクリームの他に、2種のソースが入っているのが特徴だ。

1つは、ミルクソースで、まさに不二家のミルキーが生で入っている感じ。とってもおいしい。
もう1つは、ストロベリーソースで、これが、結構酸っぱいので元々あるいちごクリームの甘さを引き立てている。
また、いちごクリームは、つぶつぶ入りの本格派で、チョコと相まって高級感を醸し出している。6粒づづ計12粒入り。

紗々 キャラメル和三盆糖仕立て (ロッテ)

sasha_caramelチョコレートを細く細くしてそれを何重にも重ね合わせて仕上げた、まさに繊細な味のハーモニーが舌に乗せただけで溶けて混じり合うおいしさ。
この製品は、ビターチョコをベースに、ホワイトチョコレートも合わせてあるのだが、一番の特徴は、和三盆糖のキャラメルを使ったチョコレート部分だろう。
まさに、キャラメルの風味とチョコが混ざりあって、なんともいい風味と後味で、どっちも食べたい人の要求を同時にかなえてくれる製品だ。

meiji メルティーキッス (明治製菓)

meltykiss_party明治製菓から出ている、冬でも雪のようななめらかな口溶けで、評判を博している「メルティーキッス」の3味が一緒になった「PARTY」が売り出された。
これは、単品の箱で買っても1箱が実売198円位で売っているので、まさか詰め合わせが出ると思わなかったので、「アーモンドキャラメルリゼ」で感想書いていたのに、びっくり。
急遽3つの味それぞれについて、書いてみよう。
なお、この「PARTY」はOKストアで448円でゲットしました。
まず、「アーモンドキャラメルリゼ」は、アーモンドの香ばしさとキャラメルの甘さと香りが口の中にいっぱいに広がって、アーモンドの粒は無いけど、かえってクリーム状のアーモンドが香ばしい。meltykiss_kyarameru
「クリーミーショコラ」はその大きさからは想像できないほどの濃厚なミルクのコクとチョコのカカオが芳醇に口の中で広がって、コクウマ~なおいしさ。
「フルーティー濃いちご」もこの大きさから想像できないほどの濃縮イチゴの酸っぱさが口いっぱいに広がって、明治のいちごチョコをさらに上のイチゴを使っているなと感じさせる逸品。
と、どれを食べてもうまい。また、こんな小さな1個で、これだけ満足させる味わいを出しているのが凄い。meltykiss_set
あまりにも凄いので、箱仕様と袋仕様も併せて写真に撮ってみた。

ロッテ ガーナチョコレート プレミアムブラック (韓国版)

KOR_LOTTE_Ghana_black1日本でおなじみのロッテガーナチョコレートの韓国で売られているバージョン。
ロッテと韓国って、なにかと密接な関係にありますが、それもそのはず、ロッテの創業者の重光武雄氏は、在日韓国人で、韓国ロッテも設立している位です。
そんなわけで、特段珍しいわけでもないのですが、味は、日本で売られている「ガーナブラックエクセレント」との違いが私ではわからなかったけど、日本の方がちょっと苦みが強い気がする程度。KOR_LOTTE_Ghana_black2定価は2500ウォンで、日本国内から通販で買うと価格は1050円程度。韓国の商品って、日本の同等品より安いイメージ(特に半導体など、メモリー関係)があるだけに、この値段はちょっと驚き。
右の写真は、パッケージの裏ですが、全く読めません。
なお、国立大学では、韓国からの留学生も多いため、韓国語が話せると楽しいし、仕事の上でもかなり役に立つでしょうね。

エスキモー pino パーティーセット (森永乳業) 

pino_genteiおなじみpinoの限定品、パーティーセットだ。今年は、「マダガスカルバニラ」と「ティラミス味」「ショコラ」とどれも新顔で登場。
「マダガスカルバニラ」は、濃厚でバニラビーンズの甘い香りが口いっぱいに広がる。しかし小粒だからしつこくない。
「ショコラ」は、生チョコがまさにとろけるような感じ。ひんやりしたアイスクリームとチョコがうまく調和している。
「ティラミス味」は、ちょっと、ティラミスっぽくな食感ではないが、味はティラミスそのもの。
全部で26個入りなので、どの味が多いのか少ないのかわからない。数えていると溶けてしまうので、数えていないが、見た感じ「ショコラ」が一番多そうだった。(箱にもそれぞれの個数は明記されていない)

LOTTE シャルロッテ<ミルク生チョコレート> (ロッテ) 

charlotte_milk_namaモンドセレクションの菓子部門で、2009年度の金賞に輝いた商品。
この他にも<コクのある・・・>商品もあるが、こちらは、ミルクの生チョコレートの風味。(下の写真)
とはいっても、生チョコは、固いチョコの中身として封じ込め、四角い薄いチョコ板の中に納めることに成功している。食感はなめらかで、なめているうちに中の生チョコ部分に到達して、口の中の暖かさで、ふんわりといい香りが鼻の中の方まで抜けてくる。後味もとっても良し。CHARLOTTE_namachoco最初から、煎餅のように、カリッとかじってもOK。最初から生の風味も味わえる。
しかし、箱の大きさにも関わらず12枚入りで、実売相場198円という高級感が、国立大学職員にとっては、かなりの贅沢品だ。

DARS Crea ショコラ&ノワゼット (森永製菓)

DARS_crea期間限定製品。
ノワゼットとは、ヘーゼルナッツのことで、生チョコのようななめらかな風味のチョコと、ナッツの香ばしさがいい感じでハーモニーされていて、口の中に広がる感じ。とにかく後味がいい。もう1種類出ているマロンの方も買っておけば良かったと後悔しきり。
ちなみにナッツはつぶつぶしていないので、完全にクリーム状になっている。

LOTTE スペシャリテ マロングラッセ (ロッテ)

銀座コージーコーナー監修のラム酒の入った大人のチョコ。甘味料(スクラロース)が入っているんだが、どうせなら、添加物なしで勝負して欲しかった。最後の後味が微妙になっている。

Nestle キットカット きなこおはぎ味 (ネスレコンフェクショナリー)

おいおい、これは、チョコレートと名称にはなっているが、食感、味はきなこの和菓子そのもの。いやあ、そう思うとこれは逸品。

LOOK ロイヤルモード 期間限定クールハニー(不二家)

不二家のLOOKおなじみの個別に分かれたチョコレート、、、のイメージはなく、薄さ4ミリの間にはちみつが入っている板状のチョコ。冷やして食べるのだが、口溶けもよく、また、ハチミツも途中で溶けだしてきて、甘い香りが口の中に広がる。
ハチミツはアルゼンチン産のクローバーハチミツを使用とある。
箱は大きいが、わずかに8枚入り。1箱計41.6gしかなく、その点はちょっと見た目よりがっかり商品。

なめらかプリンチョコ(カバヤ食品)

09131400まさにプリンをそのままチョコにした感じ。カラメルの風味もそのままずばり。おすすめどおり冷やして食べても口溶けもいい。中は個包装で、プリンの顔がそれぞれ違うのも面白い。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

(ブログ開始:2009/09/11~)

訪問者数推移グラフ

    最多記録 2010/12/02 1154人

    お帰りの際はこちら↓からどうぞ
    人気ブログランキングへ

    ご訪問ありがとうございました
    J-CASTニュース
    pixiv blogparts - Daily Ranking
    楽天市場
    記事検索
    最新記事(画像付)
    このブログのジャンル
    国立大学情報
    F1情報
    B級グルメ情報
    ゲーム情報
    コンパニオン情報
    マンション情報
    にほんブログ村への近道
    livedoor プロフィール
    livedoor 天気
    カテゴリ別アーカイブ
    ゲームニュース
    livedoor × FLO:Q
    Amazonライブリンク
    QRコード
    QRコード
    最新トラックバック
    最新コメント
    livedoor動画検索
    本ブログパーツの提供を終了しました
    livedoor画像検索
    本ブログパーツの提供を終了しました
    livedoor画像検索ランキング
    本ブログパーツの提供を終了しました
    • ライブドアブログ