(その3からのつづき)

これは、政策コンテストでのヒアリング受けた副大臣の会見である。特に下線部分が国民のみなさんにとっても特に重要な部分である。これからも、この動向がどう実現されていくかプロセスを見守って行かなくてはならない。
101115第5回政策会議資料(抜粋)_ページ_18
101115第5回政策会議資料(抜粋)_ページ_19
101115第5回政策会議資料(抜粋)_ページ_20
101115第5回政策会議資料(抜粋)_ページ_21

(終わり)