フリー3 結果
 1位 ベッテル(レッドブル) 1:48.028
15位 シューマッハ(メルセデスGP) 1:50.067
17位 ハイドフェルド (BMWザウバー) 1:51:016
18位 小林可夢偉 (BMWザウバー) 1:51.027

予選結果
 1位 フェルナンド・アロンソ (フェラーリ)
 2位 セバスチャン・ベッテル (レッドブル)
 3位 ルイス・ハミルトン (マクラーレン)
 4位 ジェンソン・バトン (マクラーレン)
 5位 マーク・ウェバー (レッドブル)
 6位 ルーベンス・バリチェロ (ウィリアムズ)
 7位 ニコ・ロズベルグ (メルセデスGP)
 8位 ロバート・クビサ (ルノー)
 9位 ミハエル・シューマッハ (メルセデスGP)
10位 小林可夢偉 (BMWザウバー)
11位 ハイメ・アルグエルスアリ (トロ・ロッソ)  
12位 ニコ・ヒュルケンベルグ (ウィリアムズ)  
13位 ヴィタリー・ペトロフ (ルノー)  
14位 セバスチャン・ブエミ (トロ・ロッソ)  
15位 ニック・ハイドフェルド (BMWザウバー)   
16位 エンドリアン・スーティル (フォース・インディア)  
17位 ヴィタントニオ・リウッツィ (フォース・インディア)  
18位 ティモ・グロック (ヴァージン)    
19位 ヘイキ・コバライネン (ロータス)    
20位 ルーカス・ディ・グラッシ (ヴァージン)    
21位 ヤルノ・トゥルーリ (ロータス)    
22位 クリスチャン・クリエン (ヒスパニア・レーシング)    
23位 ブルーノ・セナ (ヒスパニア・レーシング)    
24位 フェリペ・マッサ (フェラーリ)
 
フリー3で、可夢偉、同僚のニック・ハイドフェルドに0.011秒差とはいえ、先行を許しての18位だったから、こりゃまたダメか~と思ったら、なんと、今期4度目のQ3進出を果たした。同僚のハイドフェルドが15位だから、これは大健闘だろう。来期のシートが決まってしまうと安心しきって、遅くなるドライバーもいるが、可夢偉に限ってはそんなこともなさそうだ。
そして、PPはアロンソ。今年のワールドチャンピオンは誰になるのか、ますます面白くなってきた。
しかし、ちょっと心配なのが、山本左近の代わりに出走するクリエン。あっさりと同僚のセナを上回っての22位。左近は予選で1回も超えられなかったから、これはやばい。これでクリエンの実力が認められてしまうと、次戦の日本GPに左近が出られなくなる恐れがある。完走率が高かった左近、ここはクリエンが
あっさりリタイヤでもしてくれると、評価は保たれるとおもうのだが。
さあ、いよいよF1シリーズ唯一の市街地ナイトレース、毎年荒れてセーフティーカーが出ているので、可夢偉もここはアクシデントに巻き込まれずに、走り抜けば、ひょっとしてということもあり得る。ただ、気まぐれなスコールが気になるところではあるが、、、。