決勝結果

 1位  ルイス・ハミルトン (マクラーレン)
 2位  マーク・ウェバー (レッドブル)
 3位  ロバート・クビサ (ルノー)
 4位  フェリペ・マッサ (フェラーリ)
 5位  エイドリアン・スーティル (フォース・インディア)
 6位  ニコ・ロズベルグ (メルセデスGP)
 7位  ミハエル・シューマッハ (メルセデスGP)
 8位  小林可夢偉 (BMWザウバー)
 9位  ヴィタリー・ペトロフ (ルノー)
10位  ハイメ・アルグエルスアリ (トロ・ロッソ)
11位  ヴィタントニオ・リウッツィ (フォース・インディア)
12位  ペドロ・デ・ラ・ロサ (BMWザウバー)
13位  セバスチャン・ブエミ (トロ・ロッソ)
14位  ニコ・ヒュルケンベルグ (ウィリアムズ)
15位  セバスチャン・ベッテル (レッドブル)
16位  ヘイキ・コバライネン (ロータス)
17位  ルーカス・ディ・グラッシ (ヴァージン・レーシング)
18位  ティモ・グロック (ヴァージン・レーシング)
19位  ヤルノ・トゥルーリ (ロータス)
20位  山本左近 (ヒスパニア・レーシング)
リタイヤ フェルナンド・アロンソ (フェラーリ)
リタイヤ ジェンソン・バトン (マクラーレン)
リタイヤ ブルーノ・セナ (ヒスパニア・レーシング)
リタイヤ ルーベンス・バリチェロ (ウィリアムズ)

可夢偉がまた入賞! 本当に、可夢偉はQ1落ちした方がいいんじゃないかって位、予選順位が下位からの巻き上げが凄い。これで、予選上位からだったら、表彰台か? と思わせる位だが、そうなるとどうやらタイヤを使い切ってしまっていい結果が出ないらしい。
もしかして、可夢偉はこの法則に気づいたのであろうか。タイヤマネジメントがうまい可夢偉なので、予選一発早いタイムを出してQ3まで酷使してタイヤを痛めるよりは、Q1落ちしてタイヤを温存し、レースに向けたセットアップで、順位アップを狙うという戦略なのだろう。「予選は早いけど、レースになると遅い」というドライバーより、結局は結果がすべてだからね。つまり、予選順位がいくらよくても、決勝で上にいけなければ、ポイント取れないということだから。
さて、このベルギーGP、大方の予想通り、スパ・ウェザーに翻弄され、セーフティーカーが出動。可夢偉はこのタイミングで、スリックのハードに履き替えて、長く走り抜く戦法を取った。
結局は、ソフトタイヤも長持ちだったせいで、メルセデスGPの2台の上には出られなかったが、ベッテルがバトンへ特攻したり、アロンソが自爆したり、となんだかんだ荒れた展開になったのは予想どおり。
この荒れた展開を待っていた、山本左近、ここスパ・サーキットは相性がいいと言っていただけに、最下位脱出かと思いきや、完走20台中の20位、しかも7kmもあるコースで、唯一の2週遅れ。
レース展開中セーフティーカーが2回も入って、車間がちゃらになっているのに、ここまで遅いマシンでは、もはや戦っているレベルなのか、来期に向けてのデータ取りなのかわからないが、
同僚のブルーノ・セナがリタイヤする中、完走したのだから、やっぱり頑張っているのだ、と言えよう。
なんだかんだいっても、この難しいコンディションの中、完走するだけでもあっぱれなのだ。私にはとうてい真似出来ない。
ところで、可夢偉の同僚のデ・ラ・ロサの不運ぶりは、従来の日本人ドライバーを見ているようだ。せっかくのダブル入賞を目前に、コースを外れグラベルを走り、入賞圏外へ。一瞬白いマシンがTVに映ったとき、「可夢偉やっちまったか」とおもったら、デ・ラ・ロサだった。まあこれは戦略だったわけだがその深溝タイヤが保たなかったせいで仕方無いが、可夢偉は本当に従来の日本人ドライバーと違って、最後まできちんと走るから、安心して見ていられる。この安定感はすばらしい。ここ5戦で、11位できりぎり入賞を逃したのを除けば、4回入賞。
さてと、6位・7位・8位・9位・10位をそれぞれ1回ずつと揃った。今後はいよいよ1位~5位を揃える番だね!