なかなかスポンサーのつかないBMWザウバーであるが、そのドライバーである可夢偉に日本企業の個人スポンサーがついた。
その名も、有限会社グッドスマイルカンパニー。しかも、スポットではなく、最終戦までの契約だ。
しかし、この有限会社、何をやっている会社かといえば、フィギュア、玩具の企画、販売などを手がける会社で、いわゆるオタク系の雄といって良い。まさに、このブログの雰囲気にふさわしいF1好きのオタク会社なのだ。可夢偉が夏休みをつかっていろいろとスポンサー交渉していたらしいが、まさかこのような会社とは、可夢偉もなかなかやるもんだ(笑
ちなみに、代表作といえば、「初音ミクのフィギュアも作っている」といえば、一般人にもわかるだろう。

なお、今回は、可夢偉の個人スポンサーのため、あの白いザウバーのマシンに、スポンサーのペイントは施されない模様。いわゆる「痛車」と呼ばれるF1マシンが見られると期待していたのに、ちょっとそこの部分は残念だ。ちなみに、可夢偉のレーシングスーツに掲出される模様だ。