頑固自然流今日、7月10日は、納豆の日なんだそうだ。もちろん、数字の語呂合わせで、「ななとう」から「なっとう」という安易なネーミングからなのだが、やはり納豆の日ならではの納豆が食べたくなる。そこで登場するのが、消費期限7月10日という「頑固自然流」納豆なのだ。別に消費期限は狙った訳ではなく、単なる偶然である。

さて、この納豆は、平塚七夕へ行った時に、駅ビル「平塚ラスカ」で販売されていたものであるが、この納豆のメーカー「三河屋」は地元平塚の納豆メーカーのなのだ。どおりで、他のスーパーでは見かけないわけだ。

豆は北海道産大豆100%使用で、特製たれと無着色からしが添付、3個入りで176円で販売されていた。

味は、いかにも国産らしい、大豆の風味がしっかりと出ていて、適度な粘りけと、柔らかめの豆で、とても食べやすい。たれも、昆布・魚介エキスとチキン混合エキスを使用しており、地元メーカーならではの気合いを感じる一品である。