往路総合順位
  1位 東洋大学        5:32:02 -
  2位 山梨学院大学  5:35:38 +3:36
  3位 日本体育大学  5:36:15 +4:13
  4位 中央大学        5:36:26 +4:24
  5位 東京農業大学  5:36:59 +4:57
  6位 明治大学        5:37:45 +5:43
  7位 早稲田大学     5:38:07 +6:05
  8位 駒澤大学        5:39:18 +7:16
  9位 青山学院大学  5:39:19 +7:17
10位 城西大学        5:39:25 +7:23 
11位 学連選抜        5:41:37 +9:35
12位 東海大学        5:42:47 +10:45
13位 日本大学        5:43:25 +11:23
14位 上武大学        5:44:12 +12:10
15位 帝京大学        5:44:48 +12:46
16位 中央学院大学  5:45:24 +13:22
17位 専修大学        5:45:36 +13:34
18位 法政大学        5:47:22 +15:20
19位 亜細亜大学     5:50:20 +18:18
20位 大東文化大学  5:51:01 +18:59

あ~、今年も東洋大学が往路を征しちゃったねぇ。昨年同様、5区の柏原が異次元の速さ。小田原中継所では、昨年よりも30秒ほど少ない、1位明治大学との差、4分26秒をひっくり返すのもそんなに難しいことでは無いとは思ったけど、明治大が失速、あっさりと逆転されたばかりか、終わってみれば、明治大学6位で、逆に5分43秒差をつけられた。合わせて10分も差があったことになる。
2位は、途中あぶなげなところもあったけど、山梨学院大学。華の2区に留学生を起用しなかったのは珍しい。
3位は不祥事があっても、日本体育大学。不祥事があったほうが、逆風でかえって強くなれるのだろうか。
5位は思ったより調子のいい東京農業大学。このままの勢いでシード獲得なるか。
7位は早稲田大学。5区で無理に柏原と併走したので、最後までスタミナが持たなかったのだろう。
8位の駒沢大学は、序盤のブレーキがたたったが、最後はなんとかここまで持ち直したようだ。
9位の青山学院大学の久々の出場ながら、この順位は凄い。
13位の日大は、出雲や全日本の駅伝順位から考えれば、予想外。どうしちゃったんだろう。
14位の上武大は予選会の勢いを考えたら、もうちょっと上位にくるかなと思ったが、まだ出場2回目だしね。
18位の法政大学、19位の2006年優勝校の亜細亜、20位のかつての古豪、昨年も4位の大東大は、本当にどうしちゃんたんだろう、という順位だねぇ。
箱根駅伝は、予想外のことばかり起きる。明日も東洋大学がこのまま逃げ切れるという保証があるわけでない。
では、明日の復路を楽しみにすることにしよう。