kanjirumango昨晩も飲み物を求めて、いなげやスーパーの店内を歩いていたところ、何か先日「すっきりマンゴー」の時に感じた感覚に再び襲われた。
今度はなんなんだよ、いったい。と思い、感じる方向を注視してみると、まさにそこにあったのは「感じるマンゴー」であった。

やっぱりマンゴーはオレンジ色だよな。マンゴー色とはあまり言わないよな、と自分を説得させ、レジに行くと、今日に限って綺麗なお姉さんが、、、、

ふにゅぅう~、なんで、飲料の精算をしてもらうのに、こんなに緊張しなくてはいけないのだ、っていうか、なんでこんなネーミングなのだ。取締役員会は本当にこれでOKだったのか? と疑問はつきない。

しかし、一口飲んでみてその疑問は解消した。
まさにねっとりねちょねちょしてて濃いのだ。このマンゴー割合さすが果汁30%のなせる技。しかもナタデココが口蓋垂にまとわりつkanjrusukkiri_mangoいて気持ちいい。よくみれば、「果実のおいしさを感じる新食感」と書いてある。まさにその通り。「すっきりマンゴー」とはまた全然違うしっかりとしたマンゴーのコクとおいしさ志向に感心。

せっかくなので先日の「すっきりマンゴーと一緒に記念撮影してみた。
でも、ナタデココはもうちょっと、むにょむにょ感が欲しかったな。贅沢か。

関連記事
神戸居留地 すっきりマンゴー (富永食品) (2009年12月05日)