国立大学職員の趣味日記

自分のヲタクな趣味の紹介がメインですが、現役の国立大学事務職員のみなさんや、これから新たに国立大学職員採用試験の受験を目指す諸君にも役立つかもしれない情報がたま~に紛れ込んでいます。定期的に訪問して探して見るのも面白いかもしれません。

2012年03月

佐藤さん家のねこまんま コーンスナック 関東風味 (ジャパンフリトレー)

佐藤さん家のねこまんまっていうか、なんだこのネーミングは(笑
一瞬、ペットフードかとおもいきや、これは人間様用のスナック菓子ではないか・・・(呆
しかも、ご丁寧に袋の左下にしっかりと「※本品はスナック菓子です。」という注意書きまで入ってしまうほどだ。
でもって、中身もこれまたじゃがいものちっこいのみたいなかんじでコロコロしたのがはいっている。
たしかに鰹風味なのだが、ねこまんまの風味とはちょっと違いすぎる・・・。まんまはごはんだけど、これは、コーンの菓子だ。
まあ、少しだけ新潟県産のこしひかりを使ったうるち粉が入っているようだが、香りだけはちゃんと節だけど、もう一ひねり欲しかった。
ちなみに、このシリーズには、関西風味もあり、そのネーミングは何故か「田中さん家のねこまんま」なのだ。何故、鈴木さんや高橋さんでもなく、田中さんなのか、関西は田中さんが多いのかは謎だ・・・。

ぷるるんジュレなっとう(あづま食品)

ぷるるんじゅれなっとうこの派手な黄色のパッケージは、ゆずの香りのジュレタイプのたれが特徴だからなのだが、最近のジュレブームもここまでもかって言う感じだ。
ところが、この組み合わせ、納豆のねばっこさとジュレのゆずのさっぱり感が相まって、とても食べやすいし、めちゃめちゃ食が進むのだ。
たれには、昆布エキスもりんごも入っているので、そのバランスがどうも絶妙らしいのだ。

おはよう納豆 旨みねぎたれ(ヤマダフーズ)

旨みねぎだれ納豆薬味としてはNo.1のねぎということで、最初から添付してしまった本製品だが、付いているのは生ねぎではなく乾燥ねぎだ。
まあ、当然といえば、当然なのだが、生ねぎを使った場合とくらべて、風味が相当違う。なんだか、臭みがやたら鼻につくのだ。どうも「たれ」もねぎ仕様になっているらしく、ちょっと関東の人間と感覚がちがうようだ。
これは、ヤマダフーズでも、秋田工場で作られた東北仕様となっているが、納豆発祥の地も秋田だったのか・・・。てっきり茨城県の水戸あたりかと思った・・・

おつまみうす焼き 海苔のめぐみ(亀田製菓)

海苔のめぐみこっちも海苔がいっぱいだけど、先日たべたまるで味付けのりせんべいの方がうまかった。

マルちゃん 米粉入りラーメン しょうゆ味ワンタン入り(東洋水産)

米粉入りラーメン米粉が10%入った麺だが、結構もちもちつるつるな麺が気持ちいい。ワンタンもマルちゃんならではで、結構イケル。でも、もうちょっと野菜などの具が欲しい。そこが残念。

韓国コムタンラーメン(農心)

韓国コムタンこれは、韓国企業「農心」の本場のカップ麺といったところでしょうか?
コラーゲンが500mgも入って、美容によさそうだけど、麺が日本のと違って白っぽくていまいち美味しくない。
だけど、スープは格別。牛肉にうまみもよくしみて、具も結構おおい。だけど、肉に見えるこの具は、肉ではないらしい。だけど、その謎肉というか、カップメンてこの得体のしれない肉もどきに結構惹かれたりするんだよね(笑

チャルメラスペシャル 肉&ワンタン麺 コクしょうゆ(明星食品)

チャルメラ肉ワンタンチャルメラといえば、ホタテだしと鶏がらスープの屋体系ラーメンのしょうゆだが、これは肉とワンタン麺、そしてコクしょうゆというちょっと変わったチャルメラだ。
たしかにこってりしていて、具材も多めだ。だけど、すっきりが信条のチャルメラらしくない。
やっぱりチャルメラはシンプルな味に徹してほしいものだ。

マルちゃん ごつ盛りワンタン醤油ラーメン(東洋水産)

ごつ盛りワンタン醤油マルちゃんお得意のワンタンメンとそのスープの味はもはや定番だ。ごつ盛りとはなっているが、カップ麺のめん90gは、袋麺と同じくらいだから、そんな大盛りと言うわけではない。ワンタンの量も、普通サイズのカップ麺と同量くらいだから、かえって寂しく感じる。でも食べた後の満足感は、格別だ。

日清の北海道みそラーメン(日清食品)

北海道みそラーメン麺が確かに太くなってしっかり縮れていて、カップ麺にありがちな戻し不足感もないしっかりとした食感が得られた。スープも飲み干したくなるほどうまい。
でも、具材増量とうたってはいるが、それでもかなり寂しい位の量だったのは残念。

2012F1第2戦マレーシアGPは、可夢偉リタイヤだけど同僚は2位表彰台!

2012年のF1シーズン第2戦は、マレーシアということで、予想どおりの雨がらみの展開となった。可夢偉は、昨年のカナダで雨の中、ほとんどを2位で走行していて、今回も期待大だった。ところが、大雨を予想して早めにインターミディエイト(小雨用タイヤ)からフルウェット(大雨用タイヤ)に履き替えた可夢偉のチームメイトのペレスが、雨足が強くなる中、どんどん順位を上げて、時折、ラップリーダー1位となる快挙、それに比べて、タイヤを変えるタイミングを逸した可夢偉は履き替えたタイヤの違和感で、どんどん順位が下がるし、ペレスとは対象的だった。
う~ん、予選もQ3へ進出したペレスとは逆に可夢偉は17位 とふるわなかったし、レース中断となった、昨年のカナダのように、可夢偉が2位を走るかと思いきや、ペレスにお株を奪われちゃうし、なんか、急に、可夢偉は運に見放されたって感じ。
まあ、ペレスも一時期、トップのアロンソに追いつく勢いだったけど、コースを1回外れて、追いつけなかったのがかえってよかったかもしれない。ここで、ペレスに優勝されたら、可夢偉も面白くないだろう・・・。でも、ザウバーのマシンが思ったより戦闘力あって良かった。が、可夢偉の方のマシンに差が付けられていたらイヤだけど・・・。
そして、優勝したアロンソ。フェラーリは開幕戦はぼろぼろだったのに、さすが、アロンソと言わざるを得ない。それとは対照的に、同僚のマッサの凋落は著しい。まさに、ドライバー交替前夜のような状況になってしまった。そこへフェラーリ育成ドライバーのペレスがこの快挙だもん、可夢偉がフェラーリに移るという噂はこれでなりをひそめることになりそうだ・・・。
可夢偉には、次回に期待しましょう・・・。って、このセリフ、かつての日本人ドライバーは毎回言われていたね。とうとう可夢偉も従来の日本人ドライバーになってしまったのかね・・・・。

2012F1開幕戦 オーストラリアGPは、小林可夢偉決勝6位

いやはや、昨年は大震災やバーレーンの中止などでドタバタした開幕戦だったが、今年のF1の開幕戦も、なんだかドタバタだったねぇ。
とはいえ、可夢偉のチームメイトのペレスがスタート直後に可夢偉に特攻、翼端版がバタバタして、安定しないマシンで6位入賞はたいしたもんだ。
それもファイナルラッブまで9位だったのが、マルドナルドの自爆、ペレスと絡んでロズベルグのスローダウン、その隙を縫って、可夢偉がジャンプアップって、ファイナルラップで順位アップって、2年前のバレンシアを思い出す。
ここ一番で強い日本人ドライバーも珍しい。
まあ、開幕戦で、8ポイントゲット、ペレスも8位で4ポイントゲット。コンストラクターランキングも、マクラーレン、レッドブルに次いで3位がザウバーってところが凄い。
なんか、昨年のように、車両規定違反で、リザルト取り消し!ってことの無いように祈ろう・・・
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

(ブログ開始:2009/09/11~)

訪問者数推移グラフ

    最多記録 2010/12/02 1154人

    お帰りの際はこちら↓からどうぞ
    人気ブログランキングへ

    ご訪問ありがとうございました
    J-CASTニュース
    pixiv blogparts - Daily Ranking
    楽天市場
    記事検索
    最新記事(画像付)
    このブログのジャンル
    国立大学情報
    F1情報
    B級グルメ情報
    ゲーム情報
    コンパニオン情報
    マンション情報
    にほんブログ村への近道
    livedoor プロフィール
    livedoor 天気
    カテゴリ別アーカイブ
    ゲームニュース
    livedoor × FLO:Q
    Amazonライブリンク
    QRコード
    QRコード
    最新トラックバック
    最新コメント
    livedoor動画検索
    本ブログパーツの提供を終了しました
    livedoor画像検索
    本ブログパーツの提供を終了しました
    livedoor画像検索ランキング
    本ブログパーツの提供を終了しました
    • ライブドアブログ