国立大学職員の趣味日記

自分のヲタクな趣味の紹介がメインですが、現役の国立大学事務職員のみなさんや、これから新たに国立大学職員採用試験の受験を目指す諸君にも役立つかもしれない情報がたま~に紛れ込んでいます。定期的に訪問して探して見るのも面白いかもしれません。

2011年06月

平成23年度国立大学法人等職員採用試験 地区別申込者・合格者数データ ~目指せ国立大学事務職員シリーズ41~

受験・合格者数2012n

いやはや、今年は、2ちゃんねるの中傷や震災もあったりして、この「目指せ国立大学事務職員シリーズ」も実は1年ぶりだったりして・・・(笑
表題のとおり、本日、平成23年度の第1次試験の結果が発表されました。もちろん、第1次なので、この後、第2次の面接試験など、まだまだ突破しなければならない関門はいろいろと待ちかまえているわけだけど、まずは第1次試験をパスしなければお話にもならないわけで、合格した皆さんには「おめでとう」、番号のなかった皆さんには、「また、来年頑張って」、後の無い皆さんには、「縁がなかったということで」というキマリ文句しか言えないわけですが、どうかご容赦ください。

さて、この表の上段が今年度、下段が昨年度の参考となっています。内容を見てみますと、全国的には申し込み者が増えているけど、合格者数も増えているので、全体倍率は8.7倍から8.2倍に減って、ちょっとだけ広き門となったようだ。
地区別の特徴を見ていくと、北海道地区は女性の占有率が低い。逆に東北地区は、女性の占有率が高いのが特徴だが、震災の影響か、昨年度とほぼ同様の申込者数に対し、合格者数が少なく、他の地区と違って唯一競争倍率が5.6倍から6.7倍へと上がっている。
関東・甲信越地区は、若干申し込み者が減ったものの、合格者数はなんと35%近くも増やしていて、大判ぶるまいを見せた。毎年地区別で一番高い競争倍率を誇っているこの地区がなんと14.2倍から10.3倍に下がり、九州地区の10.7倍をも下回った。これは驚きだ。
逆に厳しかったのが、東海・北陸地区。申し込み者が3%ほど増えたのに、合格者は18%もダウン。この影響で、競争率は6.1倍から7.6倍へと跳ね上がった。
中国・四国地区は若干合格者を多めに出しているが、この記事を書いている現在、唯一、合格者数を公式発表していない。この数字は合格者の番号の数を数えたので、女性の割合は不明のままだ。公式発表があれば、また追加で情報をお知らせしたい。(7月11日現在、公表資料を基に表を差し替えました)
最後に、さっきのちらっと触れた九州地区であるが、年度のデータを比べるとあることに気づく。全体の申込者は1%ちょっと減ったが、合格者数は21%以上も増えている。しかし、女性の数は減っていて、実はこの増加分は何故だが、男子の合格者分がそっくり増えた形になっている。
う~む、九州男子の意地を見せたのか、はたまた、今回の出題傾向が男性向きの内容だったのかは不明だが、同じ試験でも、こうして地区別に比べてみると、こんなにも差があるのを見ると、つくづく人生って「運」だよな・・・と思う私であった。

というわけで、合格した皆さん、今後の各国立大学法人ごとに行われる第2次試験は頑張ってください。私のブログを見てくれた人が、みんな合格してくれると嬉しいな。
ちなみに、面接に行く服装をどうするか、みなさん迷っているかと思います。現場の私から一言。
ほとんどの大学の採用関係のHPなどに、「(スーパー)クールビズ実行中なので軽装でお越しください」と書いてあると思います。これは間に受けてください。特に今年は、大震災の影響で、大口の電力契約者である大学は、かなりの節電を強いられています。とはいえ、どうしても中止できない研究は優先されますので、節約出来る部分といえば、照明やエアコン関係が中心になります。28℃設定で、使用していいとは言われていますが、実際には、連日の猛暑の中、窓開けと扇風機で凌いでいます。
こんな状況下での面接試験ですから、受験生の負担を軽くすべく、これは本心による親心で記載しています。無理して暑苦しいスーツの正装で来られて、熱中症で倒れたら、面接はオジャンですし、汗だらだらで汗くさい異臭を放つ方が、面接官にとって悪印象になりますし、面接官自身もクールビズを行っているはずです。
だからといって、軽装すぎるのも考え物ですが、ワイシャツ、ノーネクタイ位がちょうどいいと思います。
もちろん、「黒いリクルートスーツは、賢そうに見える、面接で他人と差をつけるのだ」というお考えの方もいるでしょう。それは別に止めません。
これはあくまで個人的な趣味のブログなので、責任は持てません(笑

昔ながらの納豆屋さん 国産中粒納豆 (オーサト)

img-622181428-0001近所の「やまか」スーパーで3個口78円で売っていた商品。
国産納豆もこんなに安くていいのだろうかとも思える商品。
ちなみに、製造している「オーサト」は、納豆の本場、茨城県の取手市に本拠地があるようだ。
恐らく、東日本大震災の影響なのだろうか、茨城の製品の価値はもっと高いと思うのだが・・・。
そして、大豆はやはりふっくらとしていておいしい。願わくば、たれとからしはやはり値段のこともあるのだろうか、もうちょっと頑張って欲しかった。せっかくの国産の大豆の味がちょっと損なわれている感じがなんとも残念でならない。しかし値段のことをかんがえれば、特売でも無いのに、よくぞ3個78円で、販売できるものだと感心してしまった。
ちなみに、味は濃いめなので、ごはんに乗せて混ぜてたべるとバッチリおいしく召し上がれます。

ふっくら美味しい国産(かじのや)

img-622181401-0001こちらは、かじのやの国産大豆100を使用した納豆であるが、中粒の納豆を使用している。
まず食べて分かるのは、その豆のやわらかさ。ふっくら美味しいは本当にそのとおりで、かまずに食べられるといっていいほどだ。
たれは、かじのや独特のりんごの醸造酢を使用しており、さっぱり感があって、後味がいい。

やさしい納豆(あづま食品)

img-622181308-0001栃木県宇都宮市にある「あづま食品」の「やさしい納豆」だ。
パッケージを見ても、とても納豆とは思えないやさしさが伝わってくる(笑)。
で、なにがやさしいのかというと、環境にやさしいパッケージなのだ。
つまり、東日本大震災のあおりをうけて、一時期納豆が品薄になった影響もあるらしいが、トレーは植物生まれの石油を使わない容器になっているし、たれやからしは化学調味料や保存料・着色料を一切使用していないため、本来の素材が持つ甘み・旨みがいい感じで引き立っている。
また、大豆についても、最近は国産が増えてきた。これも震災の影響かもしれないが、自給率を上げるにもいいことだと思う。ちなみに、北海道産の小粒大豆を100%使用している。

金のつぶ 国産小粒 (ミツカン)

img-622182540-0001金のつぶといえば、ミツカンの看板商品だが、今までは、大豆は国産ではなかった。
そんな中で金色の輝きを持つ国産大豆となれば、どんなもんかいと思うだろう。
「豆がおいしい」の表示のとおり、確かにいままでの大豆より、相当おいしい。そして、パッケージも日本をイメージさせる国産調なのがいい。
そして、ミツカンといえば、やはり「たれ」が命。この納豆のたれもご多分に漏れずものすごく旨かった。
ただし、味が濃いめなので、ご飯にかけて食べることをお奨めする。

おかわり家族納豆(らでぃっしゅぼーや)

img-622182524-0001すべての食の安全にこだわった食材の宅配でおなじみの「らでぃっしゅぼーや」の納豆がこれだ。
「おかわり家族納豆」の名前のとおり、普通は2個か3個口で売られていることが多い納豆の中で、この商品は4個口である。
しかも、余計なたれやからしなど添付していない。

こだわっているだけあって、大豆は国産大豆(非遺伝子組換え)100%使用で、みんながおかわりしたくなるから、このネーミングなんだそうだ。(なんと安易な・・・(笑))
たれやからしがついていないので、お奨めの調味料が書いてある。「しょうゆ」「からし」「マヨネーズ」「のり」が挙げられているが、私は、梅じそポン酢」で食べてみた。夏の暑いときには最適だ。せっかく美味しい大豆をやすっぽちいたれやからしで台無しにしている納豆をたまにみかけるが、この商品は最高の大豆を自分好みでアレンジできる楽しみもある。

日本のスパコンが再び7年ぶりに世界一に返り咲く

事業仕分けで、蓮舫が「2位じゃダメなんですか?」と言っていたスパコンだが、やっぱり2位じゃダメだった。なんと今まで世界一だった中国のスパコンを抜き、理化研と富士通が共同開発した「京」がついに世界一の性能となったのだ。
この快挙に、蓮舫がなんて言うのかと注目していたら、なんと、「きわめて明るいニュースで、関係者のご努力に敬意を表したい」とのたもうたそうな。よくもまあ事業仕分けであんな発言をしておいて、よくこんなこと言えるなという臨機応変な対応にもあきれるが、まあ、震災後の暗い日本のニュース報道が続く中で、久々に日本の科学技術力を示せたのは良かったと思う。
ちなみに、国立大学関係では、東京工業大学の「TSUBAME」が世界5位とのこと。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

(ブログ開始:2009/09/11~)

訪問者数推移グラフ

    最多記録 2010/12/02 1154人

    お帰りの際はこちら↓からどうぞ
    人気ブログランキングへ

    ご訪問ありがとうございました
    J-CASTニュース
    pixiv blogparts - Daily Ranking
    楽天市場
    記事検索
    最新記事(画像付)
    このブログのジャンル
    国立大学情報
    F1情報
    B級グルメ情報
    ゲーム情報
    コンパニオン情報
    マンション情報
    にほんブログ村への近道
    livedoor プロフィール
    livedoor 天気
    カテゴリ別アーカイブ
    ゲームニュース
    livedoor × FLO:Q
    Amazonライブリンク
    QRコード
    QRコード
    最新トラックバック
    最新コメント
    livedoor動画検索
    本ブログパーツの提供を終了しました
    livedoor画像検索
    本ブログパーツの提供を終了しました
    livedoor画像検索ランキング
    本ブログパーツの提供を終了しました
    • ライブドアブログ