国立大学職員の趣味日記

自分のヲタクな趣味の紹介がメインですが、現役の国立大学事務職員のみなさんや、これから新たに国立大学職員採用試験の受験を目指す諸君にも役立つかもしれない情報がたま~に紛れ込んでいます。定期的に訪問して探して見るのも面白いかもしれません。

金のつぶ とろっ豆(ミツカン)

金のつぶとろっ豆この商品、昔からあるけど、「新」として、たれの包装方法を変えて、蓋をパキッと二つ折りにすると、その間から甘旨みたれが落ちてくる仕組みなのだ。
でも、この方式は、好みが分かれるようだ。なんだか、割るのにちょっとコツがあり、変な割り方をしないか、割る前にちょっと不安な心になるのが心臓によくない。
とはいえ、あの小さなパッケージを開封するタイプもあらぬ方向へ飛び散ったりするから、それに比べれば進化していうのかもしれないが、もっといい方法が開発されるかもしれない。
あくまでこれは、進化の過程であって、最終形ではないと思う。

大山マイルド納豆(大山納豆)

大山マイルド納豆この商品、納豆としては多めの1パック50gとなっている。結構食べごくがあるが、これだけ「大山」を全面に出しているのに、大豆はカナダまたはアメリカ産なのがなんだかすごくがっかりだ。

栗プリン(オハヨー乳業)

栗プリン素材を味わうということで、裏ごし食感が良いとの触れ込みのこの商品、なるほど栗の香ばしさがそのまま伝わってくる逸品。添加物は多いが、なぜかちゃんとしっかりとした栗の味がした。

オーラ (日清食品)

日清オーラオルニチン入りラーメンとして、売り出されていたけど、なんだかパッケージも黒いし、スープにもかなり癖がある。
宴会シーズン用として、酒飲みが食するのに最適なカップ麺のようだ。私個人的には、イマイチ。もう食べたくない。オーラすら感じられないのだ。

サッポロ一番 和風の花道 小えび天そば (サンヨー食品)

小えび天そばこれは旨い!
和風の王道をいく汁と小えびの大きさやてんぶらの衣の量といい適量で、まさにバランスが取れた逸品。

池袋大勝軒 幻の広東麺 (エースコック)

幻の広東麺これは有名なラーメン屋「大勝軒」のラーメンをそのままにカップ麺化した商品だと思う。
だけど、つくづく思うのだが、カップ麺化することによって、せっかく気付いたラーメンの価値が、カップ麺のようなインスタントで下げているような気がしてならない。
つまり、本物の大勝軒のラーメンとは程遠い商品になってしまっている。なんだ、こんなもんかと思われたら可愛そうだ。
とはいえ、このようなカップ麺にすることで、池袋まで食べに行くことのできない遠方の方にも、気軽にイメージをつかんでもらうことはできると思う。
それでもインスタントにかかわらず具はそれなりに豪華。この辺は手を抜いていないようだ。

わかめごまうどん(五木食品)

わかめごまうどん五木食品から出ているこの「わかめごまうどん」だけど、うどんは生タイプだが、わかめは乾燥タイプ。普通、乾燥わかめはすごい増えてボリューム感が増すはずなんだけど、この具のわかめは全然増えないので、かなりさびしい。ゴマはちゃんとしているので、少し救われるが、このパッケージの写真とは全く異なった商品と考えた方がいい。あくまでこのパッケージは本当の意味での「イメージ写真」だ。
ちなみに「わかめごま入りスープ」がおまけについている。こんなの付けるより、具の方にお金をかけてほしいと思う。

とろろ昆布うどん(五木食品)

とろろ昆布うどんこのパッケージ写真を予想して食べたら痛い目に合う。うどんは生タイプなのだが、具が泣きたくなる位に寂しい。つゆの味はめちゃめちゃうまいだけに、このボリューム感の無さは悲しかった。

豆乳仕立てのちゃんぽんうどん(明星食品)

ちゃんぽんうどん熱湯4分という長さがいまいちもどかしいが、後入れの調味油が蓋の上に乗っていて、間違ってお湯を入れた後に気付くという心配もない。
普通、ちゃんぽんというと「とんこつ」味であるが、この商品は「豆乳」ということで、非常にあっさりとしていて、後味も良い感じ。健康に気をつかっている女性も安心して食べられるのではないでしょうか? おもわずスープがおいしくて飲み干してしまいました。

スーパーカップ1.5倍 熟成味噌ラーメン (エースコック)

スーパーカップ熟成味噌3D麺になってから、私としては、なんとなく食べずらいっていうか、コシがへんな風に強くて、ふにゃふにゃしたゴムのような食感が合わない。
しかし、熟成味噌の味は一品。ここは、長年このシリーズを出しているエースコックならではだ。

ジャンジャン焼そば トマトブレンドなつかしソース味 まろやかソース (エースコック)

ジャンジャン焼きそばまろやかソース女性にウケているという、ジャンジャン焼そばシリーズの1つだけど、この商品に限っては意見が分かれるようだ。
トマトブレンドとのことだが、あんまりトマト感が無い。やっぱりトマトを全面に出すのであれば、徹底的にイタリアンにならないと、なかなかついてこない。この商品、味も濃くてイマイチ中途半端になってしまった。

シーフードごはん シーフードヌードル味(日清食品)

シーフードごはんカップヌードル味のごはんの姉妹品、「シーフードヌードル味」の電子レンジで作るインスタントごはんだ。
シーフード味のチャーハンといったところか、まあ、それなりにいける。
私は、仕事中に大震災が来て帰宅困難者になった時の対策として、この商品を机の引き出しに常備することにした。

サッポロ一番 祝 桜そば (サンヨー食品)

サッポロ一番桜そばこれは、どう考えても、キャラクターグッズの1つに過ぎないカップめんだ。まあ、なるとまでキャラクターデザインになっていて、非常に楽しいといえば楽しいが、味の方はやっぱり・・・という感じ。でも、ほんのり桜風味がちゃんと出ている感じは、さすが「桜そば」を名乗っているだけのことはある。
パッケージのかわいらしさは、カップめん史上最高だろう・・・。

カレー旨うどん(エースコック)

カレー旨うどんこれは、「○旨」とあるにはイマイチ。なにかが物足りない印象。

北海道味物語 かにだし醤油ラーメン (エースコック)

かにだし醤油ラーメン旭山動物園とコラボしたこの商品、つい、横面のレッサーパンダやペンギンなどのかわいらしさで買ってしまったが、肝心のカップめんの方は、すごいあっさり味で、「かに」のだしも本当に効いているのかあまりわからない位だった。
まあ、これは、「あさひやま”もっと夢”基金応援商品」になっているので、まあ、買うことで役に立っているようだから、まあいいとするか・・・。




















かにだし醤油ラーメン2

カップヌードル天そば(日清食品)

カップヌードル天そば復活総選挙で、見事、現代によみがえった商品。ありそうでなかった商品は、ちゃんとカップヌードル黎明期にちゃんと商品として存在したのだ。
味は、やっぱり期待を裏切らない、出汁のきいたそばつゆとなんともいえない天ぷらのハーモニーが日本人の心をくすぐる商品になっていた。
どうして、こんなに旨い天そばが、定番商品にならなかったのでしょうか?
それは、当時、日清食品は、海外でも食べ方、つまり、カップヌードルはフォークで食べるというのを推奨しており、当時たくさんあった自動販売機にも、透明のプラスチックフォークが常備されていました。
つまり、そんななかで、このような天そばはまさに異端だったのでしょう。
でもその間に天そば分野はマルちゃんの緑のたぬきやどん兵衛きつねうどんのペアとして出した「どん兵衛天ぷらそば」の方に傾倒していってしまったのでしょう。
この商品も復活祭イベントのみならずぜひとも定番化してほしいものです。

カップヌードルしお(日清食品)

カップヌードルしおしょうゆ、カレーなどとともに定番化したこの商品、私はイマイチと思っている。
このバジル風な塩味は、どこかイタリアンな感覚なのだろうが、ちょっと味が濃すぎると思う。
もうちょっとしつこくない、しお味ならよかった。

カップヌードルごはん カップヌードル味(日清食品)

カップヌードルごはん当初、試験販売された時は超品薄になって食べられなかったが、今では普通にスーパーに山積みになっている商品。
電子レンジで水から作るのが斬新だが、500ワットで5分半もかかるうえ、節電が騒がれている今、電気代にも優しくない。
確かにご飯はカップヌードルをほうふつさせる味で、それなりにおいしいのだが、1度食べたら、そんなに続けて食べたいとも思わなかった。
やっぱり値段も麺の2倍はするというのもある。
もっと気軽に簡単に食べたいという用途には向かないかもしれないけど、職場用の非常食としては非常に便利だ。

サッポロ一番 ハウスバーモントカレー使用 カップスター カレーうどん 甘口

カップスターバーモントカレー使用カレーうどんう~ん、なんていうんだろう・・・。バーモントカレーはやっぱりご飯に合う感じだし、カレーうどん用のカレーはもっと和風出汁の効いたコクのあるカレーの方が合うと思う。あまり期待していなかったが、やっぱりおいしくなかった・・・。

LOOKア・ラ・モード 4色クリームパン

LOOK4色クリームパン不二家のLOOKチョコレートをそのままパンにしてしまった商品。なるほど、チョコレートのパンがあるのだから、こういうパンもあっても不思議ではない・・・か?
でも、やっぱりチョコパンはパンにアレンジした方のがうまいかもしれない。ちょっと甘さが後を引いた。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

(ブログ開始:2009/09/11~)

訪問者数推移グラフ

    最多記録 2010/12/02 1154人

    お帰りの際はこちら↓からどうぞ
    人気ブログランキングへ

    ご訪問ありがとうございました
    J-CASTニュース
    pixiv blogparts - Daily Ranking
    楽天市場
    記事検索
    最新記事(画像付)
    このブログのジャンル
    国立大学情報
    F1情報
    B級グルメ情報
    ゲーム情報
    コンパニオン情報
    マンション情報
    にほんブログ村への近道
    プロフィール

    てんこ

    livedoor 天気
    カテゴリ別アーカイブ
    ゲームニュース
    livedoor × FLO:Q
    Amazonライブリンク
    QRコード
    QRコード
    最新トラックバック
    最新コメント
    livedoor動画検索
    本ブログパーツの提供を終了しました
    livedoor画像検索
    本ブログパーツの提供を終了しました
    livedoor画像検索ランキング
    本ブログパーツの提供を終了しました
    • ライブドアブログ